研究の様子海外からの訪問者

てんかん研究会の
後で
文系センター16階
スカイラウンジで
懇親会

 2012. 8 .6

第10回 日韓合同薬理学セミナー
1991.11.9

教室内の研究発表会
2009.4.6

2002年 ラットの血圧と交感神経活動の測定

1990年 RIセンター

2006年 腸間膜動脈の
       収縮を調べる

クリックすると拡大します

1991年 九州大学理学部との研究発表会
(六本松のセミナーハウスで)

2004年
ラットの脳波を測定

1983年
ラットの脳室内投与

クリックすると拡大します

1984年 雑誌ドラッグマガジンの「研究室紹介」に載った

薬物活性シンポジウム 
2011. 11 .21-22
福岡大学医学部メディカルホール
                           

修士論文 発表
2008.2.10-12

1990年
Hervonen教授と

2004年 鎮痛作用を調べる

2006年
データを考察中

1991年 血管平滑筋の弛緩反応

ラット大動脈をマグヌスの装置で

2005年
マウスに脳室内投与

1988年
Needleman教授と

1998年 Jacobowitz教授と研究討論

1979年 3H-dopaminの遊離実験(RIセンターで)

1992年
Loewy教授と

1992年 血圧実験室