福岡大学薬学部 生体機能制御学研究室

  • ホーム
  • お問い合わせ

学会発表

2000年以降に発表した国内および国際学会の名称と演題名

  • Functional interaction between V1b vasopressin and MOR1 opioid receptors delays development of morphine tolerance and adenylate cyclase sensitization.
    輿水崇鏡,本多健治,高野行夫
    第87回 日本薬理学会年会シンポジウム-オピオイド研究の新潮流 仙台 2014.3.19-21
  • Activation of muscarinic M1 receptors in the anterior cingulate cortex causes the antinociception via GABA-nergic system.
    本多健治,松崎 雄,斎藤 亮,高野行夫
    第87回 日本薬理学会年会 仙台 2014.3.19-21
  • 脊髄後角シナプス伝達に対するCCL-1の影響
    秋元 望, 歌 大介, 本多 健治, 高野 行夫, 井本 敬二, 野田 百美, 古江 秀昌
    第91回日本生理学会大会 鹿児島 2014.3.18
  • Effect of Chemokine (C-C motif) Ligand 1 on Synaptic Transmission in the Spinal Dorsal HornNozomi Akimoto, Daisuke Uta, Kenji Honda, Yukio Takano, Keiji Imoto, Mami Noda, Hidemasa Furue
    The 5th Asian Pain Symposium  Okazaki, 2013.12.18
  • パクリタクセルによるアロディニアとミトコンドリア障害 
    松崎翔平,中溝 卓,姫野翔子,平井祐介,山之上 真央,瀬川 勝,本多健治,斎藤 亮,高野行夫 (発表者の松崎翔平,優秀ポスター賞受賞)
    第66回 日本薬理学会西南部会 福岡 2013.11.16
  • 糖尿病マウスにおける神経障害疼痛―下行性抑制系の減弱―
    本間 暢,浅田 歩,東 翔子,松田ゆり,本多健治,斎藤 亮,高野行夫
    第66回 日本薬理学会西南部会 福岡 2013.11.16
  • KCNQ2変異モデルマウスの薬剤誘発性けいれんに対する,カリウムチャネル開口薬の効果
    友納優子,斎藤 亮,荒木喜美,弟子丸 正伸,高野行夫,廣瀬伸一
    第47回 日本てんかん学会 北九州  2013. 10. 11-12
  • A new target in the treatment for neuropathic pain induced by nerve injury. Mami Noda, Nozomi Akimoto, Kenji Honda, Daisuke Uta, Hidemasa Furue, Mizuho Kido, Keiji Imoto, Yukio Takano.
    The 11th Korea-Japan Joint Symposium of Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscle Sciences
    Hamamatsu, Japan, September 2013
  • CCL-1 in the spinal cord contributes to neuropathic pain induced by nerve injury
    Nozomi Akimoto, Kenji Honda, Daisuke Uta, Hidemasa Furue, Mizuho Kido, Keiji Imoto, Yukio Takano, Mami Noda
    XI European Meeting on Glial Cells in Health and Disease
    Berlin, Germany, 2013.7.3-4,
  • CCL-1 in the spinal cord contributes to neuropathic pain induced by nerve injury.
    Nozomi Akimoto, Kenji Honda, Daisuke Uta, Hidemasa Furue, Mizuho Kido, Keiji Imoto, Yukio Takano, Mami Noda.
    EuroGlia 2013 
    Berlin, Germany, July 2013
  • CCL-1 IN THE SPINAL CORD CONTRIBUTES TO NEUROPATHIC PAIN INDUCED BY NERVE INJURY, Interaction of nervous and immune systems in health and diseas
    Nozomi Akimoto, Kenji Honda, Daisuke Uta, Hidemasa Furue, Mizuho Kido, Keiji Imoto, Yukio Takano, Mami Noda
    Saint Petersburg, 2013.6.20
  • Studies of spinal chemotactic cytokine ligand-1 (CCL-1) in neuropathic pain in mice
    Kenji Honda, Nozomi Akimoto, Yuichi Ushijima, Ryo Saito, Mami Noda, Yukioi Takano.
    4th International Congress on Neuropathic Pain
    Toronto, Canada 2013. 5. 22-26
  • Cholinesterase inhibitors donepezil and galantamine reduces hypersensitivity in neuropathic pain by the central muscarinic receptors
    Kenji Honda, Yuri Matsuda, Mao Yamanoue, Suguru Nakamizo, Noburu Honma,
    Ryo Saito, Yukio Takano
    第86回 日本薬理学会年会 福岡 2013.3.21-23

  • Effects of KCNQ Channel Openers on Drug-Induced Seizures in Knock-In Mice Harboring KCNQ2 Mutation
    Ryo Saito, Sayumi Okamatsu, Yuko Tomonoh, Satoko Kiyama, Kenji Honda
    Kimi Araki, Masanobu Deshimaru, Shinichi Hirose, Yukio Takano
    第86回 日本薬理学会年会 福岡 2013.3.21-23
  • オピオイド鎮痛におけるバゾプレッシンの役割について
    輿水崇鏡,本多健治,
    高野行夫
    第23回 バソプレシン研究会 東京 2012. 1. 12
  • The relationship between CCL-1 and neuron/glia in the neuropathic pain model
    Nozomi Akimoto, Kenji Honda, Daisuke Uta, Hidemasa Furue, Keiji Imoto, Yukio Takano, Mami. Noda
    Neuroscience 42nd Annual Meeting
    New Oleans, USA, 2012. 11. 13-17
  • Studies on epilepsy model animals bearing a genetic abnormality identified in human epilepsy
    Yukio Takano, Yuko Tomonoh, Satoko Kiyama, Sayumi Okamatu, Masanobu Deshimaru, Ryo Saito and Shinichi Hirose,
    The 21st Korea-Japan Joint Seminar on Pharmacology
    Jeju, Korea 2012 11. 1-2
  • Neural Hyperexcitability and the Effects of KCNQ Channel Openers on Pentylenetetrazole Induced Seizures on Model Mice in BFNS
    Y. Tomonoh, R. Saito, K. Araki, M. Deshimaru, Y. Takano, S. Hirose
    12th International Child Neurology Congress, 11th Asian and Oceanian Child Neurology Congress
    Brisbane, Australia 2012. 5. 27-6.1
  • 良性家族性新生児けいれんモデルマウスのけいれん発現におけるKチャネルの関与
    斎藤 亮,友納優子,田中知江,木山聡子,本多健治,弟子丸 正伸,
    廣瀬伸一,高野行夫
    日本薬学会 第132年会 札幌 2012.3.28-31

  • 更年期モデルラットにおける循環器障害:動脈圧受容器反射と血管運動機能
    平原康寿,津村紗代,森本清香,平田祐也,小笠原睦仁,本多健治,斎藤亮,首藤英樹,
    片岡康文,高野行夫
    第85回 日本薬理学会年会 京都 2012.3.14-16

  • パクリタキセル誘導異痛症モデル動物におけるミノサイクリンの効果
    本多健治,姫野翔子,山之上真央,松田ゆり,森 結子,斎藤 亮,高野行夫
    第85回 日本薬理学会年会 京都 2012.3.14-16

  • 良性家族性新生児けいれんモデルマウスを用いたけいれん発現機序の検討
    木山聡子,友納優子,斎藤亮,山下紗矢佳,田中知江,本多健治,荒木喜美,弟子丸正伸,
    廣瀬伸一,高野行夫
    第39回 薬物活性シンポジウム 福岡 2011. 11. 21-22
  • 末梢神経障害性疼痛モデル動物に対するミノサイクリンの効果 (シンポジウム)
    本多健治,高野行夫
    第39回 薬物活性シンポジウム 福岡 2011. 11. 21-22
  • 良性家族性新生児けいれんモデルマウスのけいれん誘発薬による影響
    友納優子,斎藤 亮,山下紗矢佳,田中知江,木山聡子,本多健治,荒木喜美,弟子丸 正伸,
    廣瀬伸一,高野行夫
    第45回 日本てんかん学会 新潟 2011. 10. 6-7
  • The relationship between chemotactic cytokine ligand-1 and neuron/glia in the neuropathic pain model.
    Nozomi Akimoto, Kenji Honda, Yukio Takano, Mami Noda.
    10th European Meeting on Glial Cell Function in Health and Disease,
    Praha, Czech Republic, 2011.9, 16
  • The relationship between CCL-1 and neurons/glial-cells in the neuropathic pain model.
    Nozomi Akimoto, Kenji Honda, Kaoru Beppu, Masataka Ifuku, Yukio Takano, Mami Noda.
    23rd Biennial Meeting of the International and the European Society for Neurochemistry,
    Athens, Greece, 2011.8, 29
  • Studies on epilepsy model animals bearing a genetic abnormality identified in human epilepsy
    Y. Takano, R. Saito
    The 1st international symposium of Central Research Institute for the Molecular Pathomechanisms of Epilepsy, Fukuoka University. 2011 7. 26
  • Roles M1 receptors in the anterior cingulate cortex (ACC) in neuropathic pain
    Y. Takano, K. Honda, Y. .Matsuzaki, R. Saito
    8th IBRO Word Congreaa Neuroscience,
    Florence, Italy. 2011. 7. 14-18
  • 卵巣摘出ラットにおける循環器障害−動脈圧受容器反射への影響−
    樗木晃子,武吉恭子,那須志穂里,斎藤 亮,本多健治,平原康寿,冨永宏治,
    首藤英樹,片岡泰文,高野行夫
    第84回 日本薬理学会年会 横浜 2011.3.22-24
  • 良性家族性新生児けいれんモデルマウスは,ペンチレンテトラゾール誘発けいれんを増強する
    山下紗矢佳,田中知江,斎藤 亮,本多健治,弟子丸正伸,廣瀬伸一,高野行夫
    第84回 日本薬理学会年会 横浜 2011.3.22-24
  • 反復低温ストレス負荷による線維筋痛症モデルの確立
    中島茂人,本多健治,牛島悠一,井上紗似掾C福田雪絵,斎藤 亮,高野行夫
    第84回 日本薬理学会年会 横浜 2011.3.22-24
  • パクリタキセルによる末梢神経障害発生機序の解明
    牛島悠一,本多健治,中島茂人,福田雪絵,末武亜依子,姫野翔子,斎藤 亮,高野行夫
    第84回 日本薬理学会年会 横浜 2011.3.22-24
  • ヒトてんかん遺伝子導入モデル動物の作製から創薬へ
    高野行夫 斎藤 亮、廣瀬伸一
    第4回 薬学研究フォーラム in 東京: ポストゲノム時代の創薬シーズ探索  東京2011.1.10
  • 前帯状回ムスカリン受容体はGABA作動性神経を介し疼痛閾値の上昇に寄与する
    本多健治,松崎 雄,中島茂人,秋元 望,牛島悠一,斎藤 亮,高野行夫
    第63回 日本薬理学西南部会 鹿児島 2010.11.26
  • Novel roles of central acetylcholine in pain modulation
    Y. Takano and K. Honda
    20th Japan-Korea Joint Seminar on Pharmacology. Kagoshima 2010.11.26
  • Chemotactic cytokine ligand-1 (CCL-1) contributes to neuropathic pain in mice.
    N. Akimoto, K. Honda, Y. Ushijima, S. Nakashima, M. Noda, Y. Takamo.
    40th Annual Meeting Society for Neuroscienc,
    vSan Diego, USA, 2010. 11. 13-17
  • Anti-allodynic effects on the tetracycline derivative antibiotic agents in neuropathic pain model of mice
    S. Nakashima, K. Honda, N. Akimoto, Y. Ushijima, Y. Matsuzaki, R. Saito, K. Higa, Y. Takano
    13th World Congress on Pain 2010,
    Montreal, Canada 2010. 8.29-9.2
  • Studies on epileptic animal model bearing a genetic abnormality identified in autosomal dominant nocturnal frontal lobe epilepsy (ADNFLE) and benign familial newborn baby convulsions (BFNC) of human
    S. Yamashita, M Nagano, Y Tanaka, M Deshimaru, M Okada, S Kaneko, S Hirose
    R Saito, K Honda, Y Takano
    World Pharma 2010,
    Copenhagen, Denmark 2010. 7. 17-23
  • High-sodium loaded in rats impairs central baroreflex and ACh-induced vasodilation
    Akiko Chisyaki, M Tsuruhisa, M Miyakawa, T Masuda, Y Hirabara, K Honda, R Saito, Y Takano
    World Pharma 2010,
    Copenhagen, Denmark 2010. 7. 17-23
  • 帯状回ムスカリンM1受容体は神経因性疼痛による機械性アロディニアを抑制する
    松崎 雄,本多健治,中島茂人,秋元 望,牛島悠一,斎藤 亮,高野 行夫
    第83回 日本薬理学会 大阪 2010.3.18.
  • 良性家族性新生児けいれん(BFNC)モデルマウスの作出とその特徴
    永野真久,斎藤亮,山下紗矢佳,田中雄介,本多健治,弟子丸正伸,廣瀬伸一,高野行夫
    第83回 日本薬理学会 大阪 2010.3.17
  • 2型糖尿病―高食塩負荷モデルラットにおいて内皮細胞由来の弛緩反応は減弱する
    宮川雅行,増田大治,樗木晃子, 鶴久麻衣, 平原康寿,本多健治,斎藤亮,高野行夫
    第83回日本薬理学会 大阪 2010.3.16
  • CCL1の神経因性疼痛への関与
    秋元 望,本多健治,牛島悠一,松崎 雄,中島茂人,斎藤 亮,高野 行夫
    第83回 日本薬理学会 大阪 2010.3.16
  • 食塩負荷は動脈圧受容器反射の感受性を減弱させる
    増田大治,宮川雅行,樗木晃子, 鶴久麻衣, 平原康寿,本多健治,斎藤亮,高野行夫
    第62回 日本薬理学西南部会 松山 2009.11.27
  • The effect of minocycline on neuropathic pain model in mice
    N. Akimto, K. Honda, E. Matsumoto, Y. Ushijima, Y. Matsuzaki, S. Nakajima, R. Saito, Y. Takano
    International Student Symposium, Kyusyu Brain Days, Fukuoka 2009.11
  • Mechanism of neuropathic pain in the spinal cord
    Y. Takano
    Invaited Lecture in Medical School Pamukkale University,
    Denizil, Turkey 2009.5.20
  • The association with P2X2 and P2X3 receptors in dorsal root ganglion on streptozotocin-induced diabetic neuropathy
    Keisuke Migita1, Kenji Honda, Junko Yamada, Yukio Takano and Shinya Ueno
    Neuroscience 2009
    Chicago, USA 2009.10.17-21
  • 神経因性疼痛モデルにおけるミノサイクリンの抗アロディニア作用  
    本多健治,秋元 望,松本恵理子,松崎 雄,斎藤 亮,高野行夫
    日本ペインクリニック学会 43回大会名古屋  2009.7.17
  • 常染色体優性夜間前頭葉てんかんモデル動物の特性
    田中雄介,永野真久,阿曽沼伸一,斎藤亮,本多健治,廣瀬伸一 , 高野行夫
    日本薬学会 第129年会京都  2009.3.26-28
  • 糖尿病・食塩負荷モデルラットにおいて動脈圧受容器反射は減弱する; 弧束核におけるアルドステロン感受性神経
    増田大治,中村 祐介,宮川雅行,平原康寿,本多健治,斎藤亮,有森和彦,中川裕之,
    坂本浩隆,河田光博,高野行夫
    第82回 日本薬理学会年会 シンポジウム 横浜 2009.3.16-18
  • 神経因性疼痛モデルマウスの大脳皮質II/III層錐体細胞におけるシナプス応答
    右田啓介,本多健治,高野行夫,山田順子,上野伸哉
    第82回 日本薬理学会年会 シンポジウム 横浜 2009.3.16-18
  • ミノサイクリンによる神経因性疼痛抑制効果
    松本恵理子,秋元 望,松崎 雄,本多健治,右田啓介,斎藤 亮,上野伸哉,高野 行夫
    第82回 日本薬理学会年会シンポジウム横浜 2009.3.16-18
  • 糖尿病・食塩負荷高血圧ラットにおいて動脈圧受容器反射は減弱する
    平原康寿,中村祐介,増田大治,宮川雅行,岩切智美,奥村学,本多健治, 斎藤亮,有森和彦,高野行夫
    第25回 日本薬学会九州支部大会 宮崎 2008.12.6
  • 食塩負荷糖尿病モデルラットにおける動脈圧受容器反射の減弱に対するレニン-アンギオテンシン系の関与
    中村祐介,平原康寿,増田大治,宮川雅行,本多健治,斎藤亮,有森和彦, 高野行夫
    第61回日本薬理学会西南部会米子 2007.11.28
  • The spinal microglia contributes to the development of neuropathic pain in mice
    Eriko MATSUMOTO, Kenji. HONDA, Nozomi AKIMOTO, Yu. MATSUZAKI, Satoshi KAWATA, Keisuke MIGITA, Sinya UENO, Ryo SAITO, Yukio TAKANO
    Neuroscience 2008
    Washington, DC. USA, 2008.11.15-19
  • Involvement of spinal glial cells in neuropathic pain
    E. Matsumoto, S. Kawata, N. Akimoto, K. Honda, K. Migita, Y. Matsuzaki, S. Ueno, R. Saito, Y. Takano
    3rd Asian Pain Symposium Fukuoka 2008.7.19-20 
  • 神経因性疼痛における脳内ムスカリン受容体とGABA作動性神経の役割
    本多健治,西村亜紀子,松本恵理子,松崎 雄,秋本 望,斎藤 亮, 高野行夫
    第30回 日本疼痛学会 福岡 2008.7.18-1 
  • 神経因性疼痛に対する脊髄グリア細胞の関与
    川田哲史,松本恵理子,本多健治,右田啓介,斎藤 亮,上野伸哉, 高野行夫
    日本薬学会 第128年会 横浜 2008.3.26-28 
  • モルヒネ鎮痛,耐性,依存におけるバソプレシン受容体の関与(シンポジウム: バソプレシン受容体の最新の話題:臨床薬への可能性)
    本多健治,高野行夫
    第81回 日本薬理学会年会 シンポジウム 横浜 2008.3.17-19 
  • 高食塩負荷糖尿病モデルラットにおいて動脈圧受容器反射機能は減弱する(年間優秀発表賞ミニシンポジウム: 循環器A)
    片渕史織,平原康寿,福田未音,中村祐介,本多健治,斎藤 亮,高野行夫
    第81回日本薬理学会年会 横浜 2008.3.17-19
  • 神経因性疼痛に対するMcN-A-343の鎮痛効果における脊髄上位GABAA受容体の関与
    本多健治,西村亜紀子,松本恵理子,川田哲史,斎藤 亮,高野行夫
    第81回 日本薬理学会年会 横浜 2008.3.17-19 
  • 糖尿病ラットに食塩を負荷すると腸間膜動脈の弛緩反応が減弱する
    福田未音,平原康寿,片渕史織,中村祐介,本多健治,斎藤 亮,高野行夫
    第60回 日本薬理学会西南部会 宮崎 2007.11.22
  • A high sodium diet in streptozotocin-induced diabetic rats impairs cardiovascular regulation and EDHF-mediated vasodilation.
    K. Horikawa, M. Kouguchi, M. Fukuda, M. Araki, A. Nishimura, E. Matsumoto, K. Honda, R. Saito, Y. Takano
    Neuroscience 2007
    Sun Diego, USA, 2007.11.5
  • A novel genetically engineered rat model of human nocturnal frontal lobe epilepsy
    S. Hirose, R. Saito, Y. Takano
    てんかん分子病態 研究センター第一回セミナー 福岡2007.4.9 
  • Characteristic of model rat for autosomal dominant nocturnal frontal lobe epilepsy (ADNFLE)
    R. Saito, S. Hirose, Y. Takano
    てんかん分子病態 研究センター第一回セミナー 福岡2007.4.9
  • ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットを用いた循環器調節の研究
    荒木美名,平原康寿,福田未音,片渕史織,本多健治,斎藤 亮,高野行夫 
    日本薬学会 第127年会 富山 2007.3.28-30
  • けいれん発現に関与するNa+/Ca2+交換体: KOマウスを用いた検討
    金子絵里奈,斎藤 亮,阿曽沼 伸一,本多健治,松田敏夫,馬場明道, 小室一成,
    岩本隆宏,高野行夫
    第日本薬学会 第127年会 富山 2007.3.28-30 
  • モルヒネ鎮痛耐性および依存におけるvasopressinの関与
    竹内涼太郎,長岡佐知,西村亜紀子,本多健治,輿水崇鏡,田上昭人, 斎藤 亮,
    高野行夫,辻本豪三
    日本薬学会 第127年会 富山 2007.3.28-30
  • NCX2ヘテロノックアウトマウスにおける腎機能異常および腎虚血再灌流傷害の悪化
    古田綾子,喜多紗斗美,桂木 猛,高野行夫,荒井勇二,岩本隆宏 
    第80回 日本薬理学年会 名古屋 2007.3.14-16
  • OVXラットの尾動脈血管調節障害に対するHMG-CoA還元酵素阻害薬の効果
    池田宗彦,首藤英樹,山内淳史,草場健司,平原康寿,高野行夫,片岡泰文
    第80回 日本薬理学年会 名古屋 2007.3.14-16
  • 1型糖尿病モデルおよび高食塩負荷モデルラットを用いた循環器調節の研究
    平原康寿,荒木美名,片渕史織,福田未音,本多健治,斎藤 亮,高野行夫
    第80回 日本薬理学年会 名古屋 2007.3.14-16 
  • 脊髄内ムスカリン作動薬McN-A-343はムスカリンM1受容体を介し侵害性熱刺激を抑制する
    本多健治,堀河圭吾,川田哲史,久保 傑,竹内涼太郎,西村亜紀子, 右田啓介,
    斎藤 亮,高野行夫
    第80回 日本薬理学年会 名古屋 2007.3.14-16
  • 1型糖尿病モデルラットを用いた循環器調節の研究
    平原康寿,荒木美名,片渕史織,福田未音,本多健治, 斎藤 亮,高野行夫
    第59回 日本薬理学会西南部会 那覇 2006.11 
  • Ca2+-dependent protein kinase C in the spinal cord activities the development of mechanical allodynia in diabetic mice.
    Y. Takano, K. Honda, K. Horikawa, M. Kouguchi, R. Takeuchi, S. Ogata, K. Nakashima, Y. Hirabara, R. Saito
    Neuroscience 2006
    Atlanta, USA 2006.10 
  • Na+/Ca2+交換体のけいれんに対する役割
    金子絵里奈,斎藤 亮,平原康寿,本多健治,松田敏夫,馬場明道,岩本隆宏,高野行夫
    生体機能と創薬シンポジウム2006−疾病の標的分子と治療薬開発の最前線 福岡 2006.9
  • 侵害的刺激および機械性アロディニアに対するムスカリン受容体作動薬McN-A-343の抗侵害作用
    堀河圭吾,本多健治,川田哲史,久保 傑,西村亜紀子,竹内涼太郎, 斎藤 亮,高野行夫
    生体機能と創薬シンポジウム2006−疾病の標的分子と治療薬開発の最前線 福岡 2006.9
  • The role of Na+/Ca2+ exchanger in endothelin-1-aggravated hypoxia/reoxygenation-induced injury in renal epithelial cells
    S. Kita, A. Furuta, Y. Takano, T. Iwamoto
    5th International Conference on Na/Ca exchange 2006
    Brussels, Belgium 2006.8
  • 中枢のプロスタグランジンE2は自律神経系と内分泌系を介して循環調節をする
    橋本宏明,平原康寿,小橋 亮,魚住秀親,本多健治,斎藤 亮,高野行夫
    日本薬学会 第126年会 仙台 2006.3
  • Na+/Ca2+交換体高発現マウス心筋細胞の減弱したCa2+トランジェント
    平原康寿,喜多紗斗美,杜 成伸,森本幸生,古田綾子,高野行夫, 藤原道弘,桂木 猛,岩本隆宏
    第79回 日本薬理学会年会 横浜 2006.3
  • 侵害受容刺激および機械刺激性アロディニアに対するMcN-A-343の抗侵害作用
    本多健治,堀河圭吾,久保 傑,竹内涼太郎,斎藤 亮,高野行夫
    第79回 日本薬理学会年会 横浜 2006.3
  • Na+/Ca2+交換体のけいれんに対する役割
    金子絵里奈,斎藤 亮,平原康寿,本多健治,松田敏夫,馬場明道, 岩本隆宏,高野行夫
    第79回 日本薬理学会年会 横浜 2006.3
  • 中枢性循環器調節の仕組み:プロスタグランジンEP受容体の役割
    平原康寿,橋本宏明,小橋 亮,本多健治,斎藤 亮,高野行夫
    第22回 日本薬学会九州支部大会 福岡 2005.12
  • 糖尿病モデルマウスによる脊髄protein kinase C活性化とアロディニア
    本多健治,高口雅子,中嶋京子,小林文人,久保 傑,緒方繁憲, 斎藤 亮,高野行夫
    第58回 日本薬理学会西南部会 長崎 2005.11
  • 疼痛伝達における脊髄のムスカリン受容体の関与
    本多健治,久保 傑,竹内涼太郎,平原康寿,堀河圭吾,本多健治
    薬理学サマーセミナー2005 長崎(伊王島) 2005.9
  • バソプレッシン受容体欠損マウスの精神疾患モデルとしての解析
    江頭伸昭,田上昭人,辻本豪三,三島健一,高野行夫,岩崎克典, 藤原道弘
    第35回日本精神薬理学会シンポジウム 大阪 2005.7
  • プロスタグランジンE2受容体の中枢性循環器調節における役割
    小橋 亮,魚住秀親,橋本宏明,本多健治,斎藤亮,藤原道弘,高野行夫
    第78回 日本薬理学会年会 横浜 2005.3
  • 機械的痛覚過敏における脊髄中の高糖の関与
    小林文人,本多健治,長岡佐知,高口雅子,斉藤亮,高野行夫
    第78回 日本薬理学会年会 横浜 2005.3
  • 侵害受容に対するバソプレシン受容体の関与;バソプレシン受容体欠損マウスを用いた研究
    長岡佐知,本多健治,安藤卓,小林文人,輿水崇鏡,田上昭人, 辻本豪三,高野行夫
    第78回 日本薬理学会年会 横浜 2005.3
  • モルヒネ鎮痛耐性と身体依存に対するバソプレシンV1a受容体の関与
    長岡佐知,本多健治,安藤 卓,小林文人,輿水崇鏡,田上昭人,辻本豪三,高野行夫
    第57回 日本薬理学会西南部会 福岡 2004.11
  • PGE2は中枢に作用して交感神経系を亢進し血圧を上昇させる
    魚住秀親,小橋 亮,横田祐二,本多健治,小林文人,斎藤 亮,高野行夫
    第57回 日本薬理学会西南部会 福岡 2004.11
  • The spinal muscarinic M1 receptor contributes to the morphine-induced antinociception in mice.
    Y. Takano, K.Honda, K. Koga, S.Ando, S. Nagaoka, T. Takahara, A. Kohashi, R. Saito
    Neuroscience. 2004
    San Diego 2004.10
  • The spinal muscarinic M1 receptor contributes to the morphine-induced antinociception in mice
    .K. Honda, S. Ando, S. Nagaoka, F. Kobayashii, R. Saito, Y.Takano.
    International Narcotics Reserch conference Kyoto 2004.7
  • 作製に成功したヒト夜間前頭葉てんかんモデル動物の特性
    斎藤 亮,廣瀬伸一,高原智子,岡田元宏,兼子 直,満留昭久,高野行夫
    日本薬学会 第124年会 大阪 2004.3
  • モルヒネによる抗侵害効果における脊髄内ムスカリン受容体の関与
    安藤 卓,本多健治,小林文人,長岡佐知,斎藤 亮,高野行夫
    第77回 日本薬理学会年会 大阪 2004.3
  • プロスタグランジンEP受容体サブタイプ中枢性血圧調節機構の研究
    横田祐二,魚住秀親,小橋 亮,本多健治,斎藤 亮,高野行夫
    第77回 日本薬理学会年会 大阪 2004.3
  • ヒト常染色体優性夜間前頭葉てんかん(ADNFLE)モデル動物の作製とその特性
    斎藤 亮,廣瀬伸一,高原智子,岡田元宏,兼子 直,満留昭久,高野行夫
    第77回 日本薬理学会年会 大阪 2004.3
  • モルヒネによる抗侵害効果におけるムスカリン性アセチルコリン受容体の関与
    安藤 卓,本多健治,小林文人,長岡佐知,斎藤 亮,高野行夫
    第56回日本薬理学会 西南部会 大分 2003.11
  • プロスタグランジンE2受容体の中枢性血圧調節;受容体サブタイプによる反応性の差異
    横田祐二,平原康寿,小橋 亮,本多健治,斎藤 亮,神谷大雄,高野行夫
    第26回 日本神経科学大会 名古屋 2003.7
  • Intrathecal clonidine inhibits mechanical allodynia via muscarinic M1 receptors of the spinal cord in diabetic mice.
    K.Honda, K.Koga, S.Ando, M.Koguchi, R.Saito, H.Kamiya, Y.Takano.
    The 1st Science and Research Symposium. Nagoya 2003.6
  • 神経因性疼痛マウスにおける脊髄プロテインキナーゼCの関与
    高口雅子,本多健治,緒方繁憲,中嶋京子,古賀浩平,斎藤 亮,神谷大雄,高野行夫
    第76回 日本薬理学会年会 福岡 2003.3
  • 糖尿病マウスにおけるクロニジン脊髄腔内投与の抗アロディニア作用に対するムスカリンM1受容体の関与
    古賀浩平,本多健治,安藤 卓,高口雅子,斎藤 亮,神谷大雄,高野行夫
    第76回 日本薬理学会年会 福岡 2003.3
  • プロスタグランジンE2受容体サブタイプを介する中枢性血圧調節の差異
    平原康寿,有海秀人,横田祐二,本多健治,斎藤 亮,神谷大雄,高野行夫
    第76回 日本薬理学会年会 福岡 2003.3
  • プロスタグランジンE2受容体サブタイプの循環器調節における役割
    横田祐二,平原康寿,高橋修市,本多健治,斎藤 亮,神谷大雄,高野行夫
    第19回日本薬学会 九州支部大会 福岡 2002.12
  • 中枢性循環器調節におけるプロスタグランジンE2受容体サブタイプの関与
    平原康寿,横田祐二,有海秀人,本多健治,斎藤 亮,神谷大雄,高野行夫
    第55回日本薬理学会 西南部会 北九州 2002.11
  • 糖尿病モデルマウスにおけるclonidine 脊髄腔内投与の抗アロディニア効果
    古賀浩平,本多健治,安藤 卓,高口雅子,斎藤 亮,神谷大雄,高野行夫
    第55回日本薬理学会 西南部会 北九州 2002.11
  • 中枢のプロスタグランジンEP3受容体は交感神経活動を亢進する
    斎藤 亮平原康寿,有海秀人,高橋修市,本多健治,神谷大雄,高野行夫
    第25回 日本神経科学大会 東京 2002.7
  • Effects of central prostaglandin EP receptors on cardiovascular response in the rat.
    Y.Takano, Y.Hirabara, H.Ariumi, A.Masumi, K.Honda, R.Saito, H.Kamiya.
    XIVth World Congress of Pharmacology.
    San Francisco 2002. 7
  • Clonidine inhibits mechanical transmission in mouse spinal cord via activation of muscarinic M1 receptors
    K.Honda, K.Koga, M.Koguchi, R.Saito, Y.Takano, H.Kamiya.
    XIVth World Congress of Pharmacology.
    San Francisco 2002. 7
  • Effects of central prostaglandin EP receptors on cardiovascular regulation in rats.
    Y.Takano, Y.Hirabara, H.Ariumi, K.Honda, R.Saito, H.Kamiya.
    3rd International Symposium on the study of brain function. Fukuoka 2002. 5
  • Clonidine inhibits mechanical transmission in mouse spinal cord via activation of muscarinic M1 receptors.
    K.Honda, K.Koga, M.Koguchi, R.Saito, Y.Takano, H.Kamiya.
    3rd International Symposium on the study of brain function. Fukuoka 2002. 5
  • シスプラチンによるフェレットの嘔吐反応と最後野内モノアミン量の変化
    佐藤麻子,斎藤 亮,有海秀人,本多健治,高野行夫,神谷大雄
    第75回 日本薬理学会年会 熊本 2002.3
  • Clonidineは脊髄のムスカリンM1受容体を介し機械刺激伝達を抑制する
    古賀浩平,本多健治,高口雅子,森山朋子,斎藤 亮,高野行夫,神谷大雄
    第75回 日本薬理学会年会 熊本 2002.
  • プロスタグランジンEP3受容体は,インターロイキン1βで誘発される循環器反応に寄与する
    有海秀人,真角あや,平原康寿,本多健治,斎藤 亮,高野行夫,神谷大雄
    第75回 日本薬理学会年会 熊本 2002.3
  • 坐骨神経結紮モデルの神経因性疼痛に対するP2X受容体の関与
    上野伸哉,森山朋子,山田博美,本多健治,高野行夫,神谷大雄,桂木 猛
    第75回 日本薬理学会年会 熊本 2002.3
  • 疼痛における脊髄内アセチルコリンとノルアドレナリン神経の役割
    本多健治,高野行夫,神谷大雄
    第75回日本薬理学会 年会シンポジウム 熊本 2002.3
  • 炎症性サイトカインによる循環調節への影響−c-fos蛋白を指標として−
    真角あや,有海秀人,平原康寿,斎藤 亮,本多健治,高野行夫,神谷大雄
    第54回 日本薬理学会西南部会 福岡 2001.11
  • 糖尿病性神経因性疼痛におけるP2X型ATP受容体の関与
    森山朋子,上野伸哉,山田博美,本多健治,高口雅子,古賀浩平,高野行夫,桂木 猛,神谷大雄
    第54回 日本薬理学会西南部会 福岡 2001.11
  • Responses to noxious stimuli in the mice lacking the α1D-adrenergic receptors.
    I. Harasawa, K. Honda, A.Tanoue, H. Shinoura, M. Murao, Y. Takano, G. Tsujimoto, H. Okamura, K. Higa, H. Kamiya.
    Neuroscience 2001
    San Diego 2001.11
  • マウス後根神経節におけるP2x型受容体mRNA量の定量
    上野伸哉,山田博美,森山朋子,本多健治,高野行夫,桂木 猛,神谷大雄
    第24回神経科学 第44回神経化学 合同大会 京都 2001.9
  • 糖尿病誘発性二ユーロパシックペインにおけるP2x型ATP受容体の関与
    森山朋子,山田博美,上野伸哉,本多健治,高口雅子,古賀浩平, 高野行夫,桂木 猛,神谷大雄
    第24回神経科学 第44回神経化学 合同大会 京都 2001.9
  • ストレプトゾトシン誘発糖尿病マウスにおける神経因性疼痛へのP2x受容体の関与
    森山朋子,上野伸哉,山田博美,本多健治,高口雅子,古賀浩平, 高野行夫,神谷大雄,桂木 猛
    研究所研究会- ATP受 容体の生理機能と疼痛 のメカニズム 岡崎 2001.8
  • 坐骨神経結紮モデルにおける後根神経節におけるP2x受容体mRNA変化
    上野伸哉,山田博美,森山朋子,本多健治,高野行夫,神谷大雄,桂木 猛
    研究所研究会- ATP受 容体の生理機能と疼痛 のメカニズム 岡崎 2001.8
  • フェレットのタキキニンNK-1受容体介した嘔吐発現の新しいメカニズム
    名古佐知子, 斎藤 亮,佐藤麻子, 有海秀人, 波多江 崇, 本多健治,高野行夫,神谷大雄
    第74回 日本薬理学年会 横浜 2001.3
  • α1D-アドレナリン受容体欠損マウスに対する侵害刺激応答
    本多健治,原澤一郎,田上昭人, 篠浦ひとみ,村尾南海子, 高野行夫,辻本豪三,岡村 均,比嘉和夫,神谷大雄
    第74回 日本薬理学年会 横浜 2001.3
  • クロニジンによる疼痛抑制における脊髄ムスカリン性アセチルコリン受容体の関与
    村尾南海子, 森山朋子,本多健治,伊吹京秀,斎藤 亮, 高野行夫,神谷大雄
    第74回 日本薬理学年会 横浜 2001.3
  • クロニジンの脊髄クモ膜下腔投与によるラットのホルマリン疼痛への影響
    村尾南海子, 本多健治,斎藤 亮, 高野行夫,神谷大雄
    第17回日本薬学会 九州支部大会 福岡 2000.12
  • Responses to noxious stimuli in the mice lacking the α1D-Adrenergic receptors.
    I. Harasawa, K. Honda, A. Tanoue, H. Shinoura, N. Murao, Y. Takano, G. Tsujimoto, H. Okamura, K. Higa, H. Kamiya.
    Asian Pain Symposium. Kyoto 2000.11
  • フェレットの嘔吐に対する延髄最後野および孤束核の関与:Fosの変化を中心として
    名古佐知子, 斎藤 亮,有海秀人, 佐藤麻子,本多健治,波多江 崇, 高野行夫,神谷大雄
    第53回日本薬理学会 西南部会 福岡 2000.11
  • カプサイシン誘発性侵害刺激行動に対するカプサイシンおよびルテニウムレッドの効果
    森山朋子,櫻田 誓, 本多健治,高野行夫,神谷大雄,櫻田 司
    第53回日本薬理学会 西南部会 福岡 2000.11
  • The role of tachykinin NK-1 receptor in the area postrema in nausea of rats and vomiting of ferrets.
    S. Nago, R. Saito, H. Kubota, H. Ariumi, A. Sato, Y. Takano, H. Kamiya
    Neuoscience.2000
    New Orleans 2000.11
  • ラット腸間膜動脈の弛緩反応―加齢による変化―
    伊喜文子,本多建治,斎藤 亮,高野行夫,神谷大雄
    日本薬学会 第120年会 岐阜 2000.3
  • formalin疼痛における脊髄のムスカリン受容体の関与
    村尾南海子, 原田哲嗣,本多建治,斎藤 亮,高野行夫,神谷大雄
    日本薬学会 第120年会 岐阜 2000.3
  • シスプラチンによるラットの異食行動に対する中枢タキキニンNK-1受容体の役割
    斎藤 亮,窪田寿彦, 有海秀人, 名古佐知子, 境美智順,佐伯雅和,大和谷厚,高野行夫,神谷大雄
    第73回 日本薬理学会年会 横浜 2000.3
  • 最後野のバソプレシンはラットの動脈圧受容器反射を調節する
    有海秀人, 斎藤晃一郎,斎藤亮,本多建治,高野行夫,神谷大雄
    第73回 日本薬理学会年会 横浜 2000.3
PAGETOP