▲▽▲チョウセンゴミシ▲▽▲


写真提供:金城先生


マツブサ科
マツブサ属
学名:Schisandra chinensis
花期:5〜6月
薬用部位:果実(五味子)

成分 果実に、精油のシザンドレン、α-,β-カミグレン、カミグレナール、シトラール、リグナン類のゴミシンA,B,C,D,F,G、シザンドリン、プレゴミシン、βシトステロールなどを含む。
薬効薬理 エタノールエキスには抗菌作用が知られている。また、肝臓の解毒機能を強化し、肝グリコーゲン、血清タンパク質の合成の促進作用、収斂性鎮咳作用などが認められている。