▲▽▲ドイツスズラン▲▽▲

ドイツスズラン
写真提供:金城先生


ユリ科
スズラン属
学名:Convallaria majalis
花期:5〜6月
薬用部位:全草

成分 全草にコンバラトキシン、コンバラトキソール、コンバロサイド、コンバラリン、コンバラマリン、ロデアサポゲニン、セリドニン酸などを含む。
薬効薬理 コンバラトキシンは強心配糖体で、これにグルコースが結合するとコンバラサイドになり、強心、利尿作用があると同時に、ジギタリス類似でさらに強い心臓毒作用がある。