▲▽▲チョウジソウ▲▽▲


 写真提供:金城先生

キョウチクトウ科
チョウジソウ属
学名:Amsonia elliptica
花期:5〜6月
有毒部位:全草

成分 種子にはアルカロイドのタベルソ、テトラヒドロアムソトニン、ビンカミン、16-エピ-ビンカミン、茎葉には、βヨヒンビン(アムソニン)、根には、エリプティシン、ヨヒンビン、βヨヒンビン、アリチリン、ハントラブリン、テトラヒドロセカミンなどを含む。
薬理 アムソニンは局所麻痺、瞳孔散大、血圧降下、血管収縮などのヨヒンベアルカロイド類似作用がある。