▲▽▲カリン▲▽▲


 
写真提供:金城先生

バラ科 カリン属 学名:Pseudocydonia sinensis
花期:4月 薬用部位:果実(和木瓜・メイサ)  
成分 リンゴ酸・クエン酸・酒石酸などの有機酸のほか、ショ糖、サポニン、タンニンなどを含む。
薬効薬理 カリンは、整腸利水作用がある。鎮咳・鎮痛・利水・疲労回復に有効とされ、処方によって脚気・腰痛などにも用いられる。