▲▽▲カラスビシャク▲▽▲


  写真提供:金城先生


サトイモ科 ハンゲ属 学名:Pinellia ternata
花期:5〜7月 薬用部位:球茎(半夏<ハンゲ>)  
成分 ホモゲンチジン酸・3,4-ジハイドロキシベンズアルデヒドおよびその配糖体、アミノ酸、脂肪酸、エフェドリン、コリンなどが含まれている
薬効薬理 健胃消化・鎮吐・鎮咳・去痰などを目的として各種漢方処方に配合される。
民間では、脚気・船酔い・胃腸病・神経痛・毛生え薬などに用いる。