▲▽▲クチナシ▲▽▲


  写真提供:金城先生

アカネ科 クチナシ属 学名:Gardenia jasminoides
花期:6〜7月 薬用部位:果実(山梔子<サンシシ>)  
成分 イリドイド配糖体のゲニポシド・ガルデノシド、カルチノイド色素のクロチン、クロチン類似色素・ノナコサン・βシトステロール・マンニトールを含む。
薬効薬理 漢方処方に用いられることが多く、止血・消炎・鎮静作用があり、利胆・解熱・止血・鎮痛薬として、黄疸・肝炎・胃潰瘍などに応用される。民間では、打撲傷・ねんざに外用する。