▲▽▲コリアンダー▲▽▲


写真提供:金城先生 

セリ科 コエンドロ属 学名:Coriandrum sativum
花期:夏 薬用部位:果実(コズイシ)  
成分 果実は精油を含み、その主成分はd-リナロールである。脂肪油も含み、その主成分はオレイン酸で、また、フラボノイド配糖体、βシトステロール、D−マンニトールなどを含む。
薬効薬理 胃液分泌・胆汁分泌促進作用のほか、弱い抗真菌作用のあることが知られており、健胃、下痢、痔疾などに用いられる。