▲▽▲オウレン▲▽▲


写真提供:金城先生

キンポウゲ科
オウレン属
学名:Coptis japonica
花期:春
薬用部位:根茎(黄連<オウレン>)

成分 ベルベリン・パルマチン・コプチシン・ヤテオリジン・オーレニンなどのアルカロイドのほか、フェルラ酸などを含んでいる
薬効薬理 エキスには、抗菌・抗炎症・抗ストレス潰瘍などの作用があり、ベルベリンには抗菌・血圧降下心臓抑制・抗炎症作用をはじめ、多くの薬理作用が報告されいてる