▲▽▲ウスバサイシン▲▽▲


写真提供:金城先生

ウマノスズクサ科
カンアオイ属
学名:Asarum sieboldii
花期:春
薬用部位:根および根茎(細辛<サイシン>)

成分 根には精油成分としてメチルオイゲノール・アサリルケトン・α-、β-ピネン・オイカルボン・サフロール・シネオール。辛味成分としてペリトリンのほかヒゲナミンなどを含む
薬効薬理 精油には局所麻酔作用・解熱鎮痛作用・降圧作用などが知られている。