▲▽▲リンドウ▲▽▲

リンドウ科

Gentiana scabra var. buergeri

[性 味] 

[帰 経] 肝・胆・膀胱


本州〜九州の山野に自生するリンドウ科の多年生草本。

一般的に茎は直立し、草丈20 〜80 cm。葉は対生につき、卵状披針形で全縁、茎を抱える。
秋に青紫色の鐘状花を頭頂に数輪つける。
その根および根茎を同科のセンブリ(生薬名;当薬)と同様に苦味健胃薬として用いる。
漢方では、消炎の目的で龍胆瀉肝湯などに配剤されている。

また、生薬の「熊胆(クマの胆嚢を乾燥したもの)」より苦味が強いということで、伝説上の動物である龍の胆になぞらえて生薬名が「龍胆」になったと言われる。

中医学では清熱燥湿薬で、清熱燥湿、瀉肝降火の効能があり、主に肝胆実火を清瀉し下焦の湿熱を除く。


漢方処方:竜胆瀉肝湯、疎経活血湯、立効散