薬学研究部とは?


薬学研究部は昭和35年に福岡大学に薬学部が設置された年に薬学同好会とし
て発足しました。昭和41年には薬学研究部として部へ昇格し、現在に至ります。
今年は部に昇格して45年目を迎え、部の更なる発展を目指しています。


私たちは薬学の向上のために衛生・生薬・薬理・薬化の4班に分かれて各班の
特性を生かした研究活動を行っています。今年度から夏と春に分かれて実験を
行うようになりました。
09年度の実験内容は以下の通りです。

衛生班…乳製品中のカルシウムの定量
生薬班…お茶の成分の分離と定性、桂枝茯苓丸の作成
薬理班…糖尿病モデルマウスにおけるインスリン、アルコールの相互作用の観察
薬化班…アセトアミノフェンの合成、塩酸プロカインの合成

毎年5月のゴールデンウィークには九州薬学生連盟総合大会が行われ、第一薬
科大学、長崎国際大学と研究成果を発表し合っています。研究以外にも春季研修
会や夏合宿、各種コンパを行って部員間の親睦融和を図っています。また薬学研究
部は学術文化部会に所属しており、七隈祭や球技大会へ参加したりしています。

詳しくは薬研行事のページをご覧ください。


                                                                                                                                        戻る