ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
薬用植物紹介

緑のある部屋

時間があるときに適当に薬用植物・生薬の解説をしてみたり、してみなかったり‥‥
演習組の学生にも手伝ってもらいますので、不備があるかもしれませんが、その時はご指摘お願いします。


CIMG0908.JPGヤブラン(2012.12.14)

 

ヤブラン(藪蘭)

学名:Liriope platypyhlla

薬効:()去痰

     咳止め

     滋養強壮

     催乳

分布:本州~九州

 

〈特徴〉ヤブラン 実.jpg

 照葉樹林下にふつうに見られる多年草。日当たりの悪いところにも生息する。8月に、葉の間から花茎を出して紫色の花がつく。その後種子が黒色球形に熟す。

 

〈採集・保存〉

 秋~春に根を掘り、肥大部を集めて水洗いし、日干しにする。これを大葉麦門冬という。

 

参考文献:「日本の薬草」指田豊/監修 

 

 以前にも紹介したことのあるヤブランに実がなっていました。前回は花の咲いている写真を載せましたが、今回は実の写真です。地面に近いところにある葉の中にありますので、探してみてください。

 

 最近はすっかり寒くなりましたね。

 風邪を引かないよう、暖かい格好で出かけましょうね。

 

 

担当:春木




寒くなってきました・・ (2012.12.7)


ケープ・アロエ(基原植物和名)

基原植物学名Aloe ferox

feroxはラテン語で「恐ろしい、危険な」)

 

産地:中国・日本

 

多肉植物で、一見サボテンの仲間に見えるが、実はユリ科の常緑多年草。

 

生薬和名:アロエ(蘆薈)

使用部位:エキス

アロエは主としてAloe ferox MillAloe africana MillAloe spicata Bakerとの雑種の葉から得た液汁を乾燥したもの。

 

生薬性状:黒褐色~暗褐色の不整形の塊。特異臭。きわめて苦い。

 

主成分:バルバロイン

瀉下活性の本体は、バルバロインのアグリコンであるアロエエモンジ。腸内細菌により糖から切り離され、腸管運動を促進し活性を示す。

 

主な薬効:健胃、緩下、強荘。

 

こんにちは。最近は寒くなってきて、ついに今年の初雪がこの前降りました。

薬草園の景色も今は冬ということで植物に色がなくさみしいです。

そんな中、アロエの緑色が目に入り、また、アロエはヨーグルトの中に入っていたりして、私たちの日常にもよく見るものなので、今回はアロエについてピックアップしました。

これから、ますます寒くなってくると思いますが、体調にはみなさん気を付けましょう。

 

参考文献:生薬単 伊藤美千穂・北山隆監修 原島広至著

Createroomori



フジバカマ (藤袴)(2012.11.9)

学名:Eupatorium japonicum Thunb
科名:キク科
用部:全草
用途:通経、利尿、黄疸


・茎が直立し、大きいものは2メートルに達する。葉は対生し下部のものは3裂し裏面に
腺点がない。頭花を多数つけ、普通、淡紫色の管状花からなる

・フジバカマは、秋の七草のひとつとして知られている。
原産国は中国とも言われているが、昔から万葉などでも用いられ、親しまれている。

・生草のままでは、無香であるが、乾燥すると茎、葉に含有されているクマリン配糖体が加水分解されてオクト・クマリン酸が生じるため桜餅のはのような香りを放ち、安眠効果があるとされている。

・最近では見られなくなってきている。この理由の一つにこの花が生育するような平地の自然草地が開発によってほとんどなくなっていることがあげられる。環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種にしている。

参考文献:日本大百科全書、季節の花300、生薬単

最近かなり寒くなっています。
4年生の私はもうすぐ実技テストと定期テスト、模試があり、盛り沢山の予定になっています。体調管理をして皆さん頑張りましょう!!

作成者:福田


コウザンキンギク(高山金菊) (2012.11.2)

学名: Chrysanthemum morifolium
科名: キク科
属名: キク属
生薬和名: 菊花
花期: 10~11月
使用部位: 頭花=菊花
薬効: 消炎,解熱,血行促進 等

中国伝統の花茶用菊で多くの品種があり、鑑賞用としても美しい花です。
現在栽培されている菊は奈良時代に中国から渡来したといわれています。当時は不老長寿の妙薬としてもてはやされたようです。

 <菊花茶> 
 花茶の一つで、中国・台湾などでは普段から気軽に飲まれており、摘んだ菊の花をそのまま日干しにして乾燥させたもので、サッパリとした甘味を感じる味わいです。お湯を注ぐと透き通った花びらが開き見た目にもなごみます。
目の疲れや花粉症、風邪のひき始めに効果があるといわれています。

参考資料:ハーブと花のコダマHP

立冬も過ぎ、寒さが日に日に増している気がします。温かいハーブティ-などを飲んでゆっくりしてみてはいかがでしょうか。風邪には十分ご注意ください。

桝田


薬局なう。(2012.10.26)

学名:Diospyros kaki
科名:カキノキ科

中国原産で、古代に日本へ渡来し改良され果樹として栽培されている。雄花は雌花に比べて小さい。花は初夏に咲き、果実は秋に熟すが、高冷地では十分に熟す前に冬が訪れるため例え甘柿の品種であっても甘くならない。果実の萼を柿蔕といい、しゃっくり止めに使用する。歯はビタミンCが豊富で健康茶として人気がある。かつて柿渋は渋紙や塗料などに利用された。材は緻密で美しいことから家具や器具などに利用される。

参考文献:薬用植物ガイド/トンボ出版

朝晩は冷え込むようになってきましたね~。今は薬局で実習を行っていますが、病院とは違った発見も多いです。特に患者さんとの距離がすごく近いように思います。2ヶ月程が経ちましたがまだまだ学ぶこともあるので、積極的に頑張りますo(^o^)o

担当:湯村


ドクダミ臭は無いです!(2012.10.19)

ツルドクダミ

学名:Polygonum multiflorum
科名:タデ科
属名:タデ属
生薬和名:カシュウ(何首烏)
産地:中国、日本
使用部位:塊根
主な薬効:強壮、解毒


葉は互生。花は、長い白色の小花が多数つく。根茎が長く、土の中を横に走り大きな塊根を付ける。
 中国原産だが、江戸時代に取り寄せられ、薬用に栽培が始められた。やがて山野に自生するようになり、帰化した植物。
 ツルドクダミという和名は、葉がドクダミの葉に似ているからで、ドクダミとの類縁関係はない。ドクダミ特有の臭いもツルドクダミにはなく、花の形も全く異なっている。

参考文献:「生薬単」伊藤 美千穂、北山 隆/監修 原島 広至/著

 風が冷たくて寒い!!
 でも、まだまだこれからが寒さ本番ですよね。お互いがんばりましょう。
 手洗い、うがいを忘れずに!!

担当:春木


コムラサキ(2012.10.5)

学名:Callicarpa dichotoma
K.Koch
科名:クマツヅラ科
属名:ムラサキシキブ属

別名:コシキブ
生薬名:紫珠(シジュ)
用部:葉、花、根
有効成分:カリカルポン、ハイドロオキシテラオキシフラボンなど

寄生性皮膚病には、生の葉を潰して、葉の汁を患部に塗布する。
乾燥した枝・葉を、適量の水で煎じた液を患部に塗布する。
ムラサキシキブとの違いは、コムラサキは、果実の径が少し小さく、葉の上半分に鋸歯があり葉柄の半分は無縁。

名の由来は、優雅な紫色の果実を、平安時代の才女、紫式部の名を借りたという説がある。
方言辞書「物類称呼(1775)」越谷吾山著には、ムラサキシキブを「玉紫。京にてムラサキシキミと呼ぶ」という記述があり、シキミとは、重実(しげみ)の意味で、重いように実が枝に多く付く様子から、シゲミが転訛して、ムラサキシキブの名になったという説もある。
ムラサキシキブの小型から、コムラサキの名になった。

参考文献:http://www.e-yakusou.com/


みなさんいかがお過ごしでしょうか。この頃は朝、晩はかなり冷えますね。すっかり秋です。季節の変わり目は体調をくずしやすいのでどうかご注意下さい!というのも私自身すでにのどが痛いんですね。この前、道を尋ねてきたおばちゃんにもらったアメでも舐めながらゆっくり寝ます。。。
とその前に。いつもの映画批評いきます。最近観たのはダークナイトライジング。
独断と偏見で。。。

★★★★☆
星4つです!

色んな「ライジング」がありましたね。IMAX版の迫力は素晴らしかった。やはり悪役がかっこいい映画はたまらんですね。前作のジョーカーなんかかっこよすぎて吐きそうになります。僕は薬剤師よりもジョーカーになりたいです。今年のハロウィンはあれでいきます。

ハンガーゲーム観たいなあ。


おすぎ(今里)



Nice boat~riverside view~(2012.09.28)

彼岸花(ヒガンバナ)
学名:Lycoris radiate
科名:ヒガンバナ科
属名:ヒガンバナ属

生薬名:石蒜(セキサン)
使用部位:鱗茎
薬効:催吐、去痰
主要成分:Lycorine

秋彼岸頃、地上に淡緑色、多肉の花茎を抽き、頂に赤色の花を繖状につける。
花蓋片は雌雄ともに6枚で、彎曲し、長く花外に超出する。雌蓋は雄蓋よりも長い。
朔花は稔らず、稀に白花品がある。
鱗茎中にはLycorine等アルカロイドを含み、有毒である。

水洗し、アルカロイドを除去した後に残る澱粉は、食用、糊料として利用された歴史があるが、彼岸花は有毒植物であり危険なので、専門知識の無い方は無思慮に手を出すのは自重しませう。

参考文献:資源植物辞典-a cyclopedia of useful plants and plots product-


地獄は容赦をしてくれないらしいので、生きているうちに功徳を積んでおきましょう。
明るく楽しい死後の生活を送る為に。

担当:成尾





アサガオ (2012.9.21)

学名:Pharbitis nil
科名:ヒルガオ科
属名:アサガオ属
使用部位:種子(ケンゴシ)・・アサガオの種子
用途;緩下剤、峻下剤
性状:弱臭 油様でわずかに刺激性
主要成分:ファルビチン

アサガオは花の色や模様、形など様々に違うものを見かける。
この理由として【トランスポゾン】によるものという説があげられている。
これはゲノム上の位置を転移する事のできる塩基配列で、動く遺伝子などと言われる。

トランスポゾンが正常な遺伝子の中に挿入されるとその遺伝子が機能しなくなり新しい形質ができる。しかし・・・後の世代でトランスポゾンが出ていくと元の遺伝子の機能が再び現れる。

アサガオが奈良時代に日本に渡来した当初は青、白花のみだったが江戸時代に数多くの変わった朝顔が現れた。その理由は、掛け合わせで育種され、この遺伝子が原因で変異が起こったからである。

《チョウセンアサガオ》・・・ヒルガオ科のアサガオとは違いナス科でダチュラ属
              アルカロイドを含み時々中毒事故が起こる。


参考文献:生薬単[伊藤美千穂、北山隆/監修  原島広至/著

担当:福田



マリーゴールド (2012.9.14)          
 
学名:Tagetes
科名:キク科
属名:コウオウソウ属
和名:金盞花(きんせんか)
生薬名:キンセンカ
薬用部位―用途:頭部(花)―殺菌,消炎,皮膚病,着色料
     全草(精油)―香味料,発汗
成分:ポリフェノール類,カロチン,ステロール,サポニン,苦味成分 等


聖母マリアの祭日に咲いていたため「マリア様の黄金の花」とも呼ばれており、観賞用やハーブとして多くの品種、変種が存在する。また、学名のTagetesはエトルリア人に占術を伝授した神話の人物ターゲス(Tages)に由来する。

この花の花びらから抽出されたキサントフィル脂肪酸エステル混合物に含まれるヘレニエンという色素は暗順応改善薬の原料として用いられている。第二次世界大戦中にドイツのバイエル社が、マリーゴールドの花びらから抽出した脂肪酸エステル混合物に高い効果があることを発見し、ヘレニエンを有効成分とする暗順応改善薬(網膜色素変性症の治療薬)として「アダプチノール」が作られた。

また、発汗作用があるので、風邪で熱のあるときにハーブティーにして飲むとよい。フラボノイドの働きで口臭予防にも役立ち、消化器系の不調や消化を促進する。
マリーゴールドの乾燥させた花びらをオイルに浸出させたインフューズドオイル(浸出油)は、カロチンやステロール等の成分が傷ついた皮膚や粘膜を修復して保護する働きがあるため、しもやけ、あかぎれ、ひび、湿疹などの皮膚のトラブルに用いるとよい。
参考にさせていただいたHPにインフューズドオイルの作り方があったので勝手ながら載せさせていただきました。

[インフューズドオイル(浸出油)]
・ドライハーブ,マリーゴールド…10g
・オリーブオイル…60ml

[作り方]
1.  ジャムのビンなどにマリーゴールドを入れ、上からオリーブオイルを入れる。
2.  ガラス棒でマリーゴールド全体にオイルがなじむ様にして2週間置く。
3.  ペーパータオルなどで花びらを濾し、冷暗所に保存する

参考資料:アロマピアHP
http://www13.plala.or.jp/aromapia/habe-mametisiki-back/mametisiki-01-11-6.html


朝夕が涼しくなり過ごしやすくなりましたが、季節の変わり目なので体調など崩さないように気を付けましょう。

参考文献:世界薬用植物百科事典,清澤眼科通信



病院なう (2012.6.29)

薤白(ラッキョウ)
学名:Allium bakeri
科名:ユリ科
属名:ネギ属
薬用部位:鱗茎

中国およびヒマラヤ地方の原産で、日本各地に栽培する多年生草本。
特有の強い匂いと辛味を持つがこの匂いの成分はニンニクやニラと同じアリル硫化物であり、これが揮発することで粘膜を刺激する。
日本の民間療法で、食欲増進には生のラッキョウに味噌をつけてそのまま食べるそうですが、服用量が多いと胃粘膜を刺激しすぎるので注意が必要です。
また、切り傷や虫さされに生のラッキョウのすりつぶしたものを外用するそうです。

参考文献:日本の薬草

日に日に暑くなってきてますね~(^_^;)皆さんいかがお過ごしですか?
実は今、地元の病院で実務実習を行っています。

2枚目の写真は薬剤部の風景で、色んな薬が並んでいますね。授業で習った薬もたくさん置いてありますが、一般名と商品名がなかなか結びつかなくて四苦八苦しています(/_;)
ちなみに奥のテーブルは監査台と呼ばれ、薬剤師の方が調剤された薬を他の薬剤師の方がチェックすることで調剤ミスを防ぐ仕組みになっています。
また、写真には写っていませんが水剤や散剤、軟膏などを調製する場所もあります。


3枚目の写真は何だか分りますか?
これは全自動錠剤分包機といって、薬を1回分の服用量毎に自動で分けてくれる便利な機械です!
薬の種類や量が多かったりして自分で管理できない患者さんにはこれで分包して薬を渡しています。
これ1台の定価が1千万円するとかしないとか・・・。

病院実習の醍醐味はやはり他の医療従事者との関わりですね!
医療チームの一員として患者さんのもとを訪れたり、あまり難しくない手術を見学させてもらったりと授業だけでは学べないことも体験しています。
自分の知識不足を実感する毎日ですが、多くの事を吸収して日々成長していきたいです!!
それでは今回はこの辺で~(^^)/~

担当:湯村



口無しクチナシ(2012.6.15)

コクチナシ
学名:Gardenia radicans Thunb.
科名:アカネ科
属名:クチナシ属
生薬和名:サンシシ(山梔子)
薬用部位:果実
用途:鎮静、消炎、止血


〈特徴〉
 クチナシに比べひと回り小さく、横に広がるように成長する。葉は長楕円形で全緑、光沢がある。6~7月に白い花をつけ、11~12月に果実が赤黄色に熟す。果実は長卵形~卵形で6本の稜線がある。

〈採集・保存〉
 よく熟した果実を摘み取り、陰干しにする。または、採集した果実を熱湯に2~3分ほどつけた物を陰干しする。これを山梔子とよぶ。

参考文献:「生薬単」伊藤美千穂・北山隆/監修 原島広至/著
     「日本の薬草」指田豊/監修 

 クチナシの名前の由来としては、果実が熟しても開裂せず口を開かないため「口無し」になったという説があります。将棋盤や碁盤の脚はクチナシをかたどってあり、勝負に第三者の「口出し無用」を意味するといいます。
 薬草園の中では何か所か、地面に近いところに白いコクチナシの花が咲いています。緑の色が濃くなった印象の薬草園に、白い花が映えてとてもきれいです。夏が近づいてきて、薬草園は葉がたくさん茂ってきました。春とは異なる印象の薬草園をごらん頂けると思いますので、ぜひ見に来てください。

担当:春木




魔女の秘薬?(2012.6.1)

生薬名:ジギタリス
和名:ジギタリス/狐の手袋(英名のcommon foxgloveより)
学名:Digitalis purpurea L.
科名:ゴマノハグサ科
薬用部位:葉(全草に猛毒)
主要成分:ジギトキシン, ジゴキシン, ラナトシド類などの強心配糖体
薬効:強心利尿剤, 抗不整脈薬


ジギタリスは古くからグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)で民間的に薬用に供されていた魔女の秘薬の一つで、18世紀のイギリス人医師ウイリアム・ウィザーリングが近代医学に取り入れました。彼が重い水腫を患った老女を診た際、手に負えずにいましたが、その老女がシュロップシャーに住むある民間療法師を訪れ、秘伝の生薬を用いた治療を受けて回復していた事が判り、その民間療法師が使用した秘伝の処方がジギタリスを含む20数種の薬草を配合したものである事、更には激しい嘔吐を伴うものである事を教えられたという話があります。

ジギタリスは治療有効濃度範囲が0.7~1.2ng/mlと狭く、中毒症状(ジギタリス中毒:食欲不振,悪心,嘔吐,下痢,視覚異常,不整脈,頭痛,めまい等)が出やすい、なかなか扱いが難しい薬であると習いました。そんな危険な植物を何世紀も前の時代に使って医師でも治せなかった病気を治した民間療法師はやはり魔女だったのではないでしょうか…
もっと生薬の知識をつけて生活に役立てたいと思います。

薬草園では毎日昼休みに薬草園見学会をしていますが、6月からは梅雨時期になるためお休みになります。これからの季節、また新しい植物が次々と花を咲かせていくと思うので薬用植物に興味のある方は是非見に行ってみてください。

参考文献:日本薬草全書, 世界薬用植物百科事典

担当:桝田


アマチャ(2012.5.25)

  和名:アマチャ(甘茶)              
  科名:ユキノシタ科、属名:アジサ属
学名:Hydrangea macrophylla var. thunbergii
薬用部位:葉  
用途:甘味、矯味科 口腔清涼剤
  薬効:抗酸化 抗菌
 生産地:日本

[特徴、見分け方]
高さ70センチ程で茎は多く分岐しています。葉は卵円形か広皮針形で対生しています。
枝先にはガクアジサイのような散形花序をつけてその外側の花にはがく弁が大きくなった淡紅紫色の花弁状の装飾花が数個あって内側は通常花です。

[主要成分]
生葉には、グルコフィロズルチンが含まれていて、これには甘味はなく発酵すると酵素により加水分解を受けてフィロズルチンになります。これが砂糖の1000倍程の甘味を持っています。

最後に、、、
アジサイ属はギリシャ語で『水の器』という事からアジサイの種子を包むカプセル状の形の果実の形を器、お椀などに例えています。
もうすぐ6月になり梅雨に入りますね。植物は雨を喜ぶでしょう。是非足を止めて観察されてはいかがでしょうか?季節の変わり目ですが体調管理には気をつけてください。

製作者:福田          


月まで届け富士の煙(2012/5/17)

テンダイウヤク(天台烏薬)
学名:Lindrera strychnifolia FernandezVillar
科名:クスノキ科
薬用部位:根

特徴:主に熱帯、亜熱帯に分布する常緑木本。葉は互生、単葉で全縁又は掌状に3裂。花は両性又は単性、小型で放射相称、散形又は円錐花序。果実は液果又は乾果。

漢方処方:芎帰調血飲、天台烏薬散など
主な薬効:整腸作用

参考文献:「生薬単」伊藤美千穂・北山隆/監修 原島広至/著

烏薬といえば蓬莱伝説の一角。秦の始皇帝に不老不死の薬の探索を命じられた徐福が云々という伝説が残されている。詳細は割愛する。
漢方にも用いられるが、不老不死の薬効など当然無い。




今年も大輪の花を咲かせました。     2012/5/4

和名:ボタン(牡丹)
科名:ボタン科
属名:ボタン属
学名:Paeonia suffruticosa
産地:中国、朝鮮半島、日本(奈良、長野)
ボタンは、生薬の使用部位として根皮を用い、ボタンピと言われます。
主な薬効としては、抗菌、駆瘀血作用です。

”立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花”
この有名な美人の例えは、芍薬は真っすぐ伸びた茎の先端に花をつけ、牡丹は枝分かれしやすく、横に伸びた枝に花を咲かせることにちなんでいます。百合は、百合が風で揺れる姿を美人の歩く姿に例えたものといわれます。
ちなみに、芍薬と牡丹の違いは、芍薬は草本ですが牡丹は木本であり、開花時期も芍薬は5月中旬~6月末ですが牡丹は4月末~5月初旬となります。

私達の大学の薬草園では、春ということでたくさんの植物が花を咲かせています。その中でも、赤色やピンク色の牡丹が大輪の花を咲かせています。写真を撮った時はちょうど雨上がりで、花や葉に雨の滴を付けていてとてもきれいでした。牡丹の横に芍薬が植えられているので2つの違いを比較できます。

参考文献:生薬単 伊藤美千穂 北山隆監修 原島広至著書
Creater:oomori



何連休?(2012.4.27)


シャクナゲ
学名:Rhododendron metternichii
科名:ツツジ科
薬用部位:葉

特徴:高さ4m。葉は短柄で互生し、倒披針状長楕円形、革質で全緑、下面は淡褐色の綿毛を密生し、長さ10~18cm。6月、淡紅色の美しい花を枝先に散房状につける。花冠は漏斗状で5裂し、径5cm、庭園によく植えられ鑑賞される。材は堅く、緻密で丈夫で、光沢が美しく、杖、箸、その他小細工物、印材、定規の用材に用いる。

薬効:強壮、強精、利尿

参考文献:森田直賢「園芸入門 薬用植物 採集と裁判」主婦の友社

やってきましたGW!最長9連休!!皆さんはどのように過ごしますか?旅行や帰省、はたまた家でのんびりもいいですねぇ。私たち5年生はGWが明けると実務実習が始まるんで、実習前の最後の連休を楽しみたいと思います。皆さんも怪我や事故にはくれぐれも気をつけてGWを満喫してくださいo(^-^)o



パンがなければカラスノエンドウを食べればいいのに (2012. 4. 20)


カラスノエンドウ
Vicia sativa subsp. Nigra
マメ科
ソラマメ属


本州から沖縄までの暖かい地方の原野、道端、土手など日のよく当たる場所に自生する2年草。
春は根元で分枝し、巻きひげで他のものに絡みつきながら伸び、草むらのように生い茂る。
葉は互生し、羽状複葉で、その先端が巻きひげとなる。
春から初夏にかけて紅紫いろの花が開花する。
スズメノエンドウに似ているが、葉、花ともに大きいことからカラスノエンドウと名付けられた。
中国では救荒野豌豆と言われ、蔬菜として食用になることもある。

薬効としては、血行を良くする作用があり、軽い胃のもたれがあるときに、一日量約5gを適当量の水にいれ煎じて服用する。


ただ今大好評につきカラスノエンドウむしり期間延期中!!
みなさん焦らなくてもまだまだカラスノエンドウは残っております!!
しかし~ゆっくりしすぎていると「あっ」と言う間もなくカラスノエンドウは無くなっちゃうかも・・・

一人当たりのカラスノエンドウを抜いてよい数は無制限!このチャンスにみなさんもカラスノエンドウを抜いてみては??

参考:薬草カラー大辞典 / 伊澤一男

雑草抜き課係長:矢野


希望(2012/4/13)

レンギョウ
モクセイ科レンギョウ属
学名:Forsythia suspense
産地:中国
生薬和名:レンギョウ(連翹)
使用部位:果実
主な薬効:抗菌、消炎


【特徴】
中国原産で日本には17世紀以前に渡来したと
される落葉低木。新枝が長く伸びてしだれ、先
が地面につくと根を出して活着し別株となる。
3月から4月に黄色の花をつける。
 耐寒性耐暑性に優れ大気汚染や病虫害にも強い
ため、どんな土壌にもよく育ち、庭木、公園、垣根に用いられることが多い。

参考文献:「生薬単」伊藤美千穂・北山隆/監修 原島広至/著
     「日本の薬草」指田豊/監修

 春ですね。薬草園も少しずつ花が増えてきました。今年はなかなか寒さがぬけない日が続いていましたが、最近は薬草園にいてもぽかぽか気持ちがよいです。連翹は黄色い花と緑の葉が一緒に出てきていて、春らしくかわいらしく力強い感じになっています。連翹の花言葉は「希望」です。4月になって、皆さんそれぞれ目標を持って新しくスタートする方もいらっしゃるかもしれません。希望を持ってお互いがんばりましょう。

担当:春木



最古の花木、木蓮 (2012/3/30)


和名:ハクモクレン(白木蓮)
学名:Magnolia denudata
生薬名:シンイ(辛夷)
科名:モクレン科 モクレン属
薬用部位:花蕾
主要成分:コクラウリン(coclaurine)
薬効:鎮静,鎮痛(鼻炎,蓄膿症,頭痛などに用いられる)

原産地は中国。花がハス(蓮)に似ていて木に咲くことから「木蓮」と名付けられました。 木蓮は地球上で最古の花木といわれており、1億年以上も前からすでに今のような姿であったといわれています。生薬名の辛夷の「辛」はその味が辛いことを、「夷」は外国から来た植物を表しています。

春早く、葉もない枝にほころびかけた木蓮の花には、凛とした気高さが感じられるせいか、原産地の中国でもシモクレン、ハクモクレンともに高貴な花木として扱われており、日本には古い時代に渡来し、春を彩る花の一つとして親しまれています。
モクレン属の中では大型の種類で樹高は10-15m程度まで成長し、春、葉に先立って大形で白色の花が開きます。(開花時期は3/10~4/10頃)
産地が日本でもあるコブシとよく似ていますが、コブシの葉身の基部がくさび形で花期は花の下に小さな葉があるのに対し、白木蓮は花が終わってから葉が出ます。

白木蓮の花は南側の花弁がふくらみ、つぼみの先が必ず北を向くので、方向を指示する植物「コンパス・フラワー」とも呼ばれているようです。



春の合図のように咲いた白い花が茶色の枝をおおい、そして数日咲き誇った花はあっけないほど早く散ってゆくのです。古代より姿を変えずに咲く木蓮の花を眺めながら、永遠に繰り返す四季の移り変わりの中に静かに身をおいてみてはいかがでしょうか…

参考文献:生薬単, 池坊-和花人 花暦

担当:桝田


ウメは春到来のしるし (2012/3/23)     

和名:ウメ  
学名:Prunus mume  
科名:バラ科 サクラ属

開花時期(1月~3月)結実時期(5月~6月)が主となりウメは観賞用と梅干などの果実として用いられます。梅干は成分のクエン酸により、疲労回復・食欲増進の効果があるとされています。

ウメの木の特徴:高さは6M程、幅も同じ程度必要とされていますが丁寧に手入れ、剪定を行うと小さく育てる事も可能で古くから盆栽としての使用もあります。

名前の由来:多説あるのですが、ウメは中国が生産国で中国語の「梅」の発音を日本人が、真似て発音すると「ムメ」のようになりそれが変化して「ウメ」になったと考えられています。種名のmumeは日本語の別名ムメをそのまま用いられているようです。

参考文献:植物資料集 生薬単

ウメの花は木の花が咲いていない冬にゆっくりつぼみから咲かせ春の到来を感じさせます。また散り方も遅いので春のお祝いの花としても適していますよね。大学では卒業式が行われ先輩方の門出を祝しました。これからの益々のご活躍とご健勝をお祈りしています。

担当:福田


萃紅之萌葉 (2012/3/19)


アカメガシワ(赤芽柏)Mallotus japonicas Mueller Argoviensis

科名:トウダイグサ科 Euphobiaceae
属名;アカメガシワ属 Mallotus

用部:樹皮
主要成分:bergenin(タンニン類)
薬効:整腸、胃潰瘍、十二指腸潰瘍治療薬

特徴:山野や丘陵に自生する落葉小高木。葉は互生し、長柄。葉身は卵形~円形、時に浅く2~3裂し、先端はとがる。
若葉は紅色。夏、枝梢に穂状(雄花)あるいは円錐状(雌花)に多くの花を付ける。
雄花は黄色、雌花の花被は不規則に3~5裂し、子房は深紅色、さく果は外面に多数の軟突起があり、熟すと3殻片に開裂し、紫黒色球形の種子を出す。
芽や若葉は食用になり、おひたしや天ぷらにして食べられる。

アカメガシワという名称は、新葉の芽だし部分が赤く、成長すると柏のやうに葉が広く大きくなることからカシワと呼ばれるようになったそうです。

タンニンと言えば革をなめすのに用いられます。革製品の手入れにバナナの皮を使うといった話がありますが、それはタンニンが含まれるが故です。
なお、某漫画において革靴を食す描写がありましたが、昨今の革製品には、重金属であるクロムを用いた金属なめしが主流となっているため、真似事をするべきではありません。



三月も終わりに近づいてきましたが、まだ少し肌寒く感じます。
寒気の影響を受け、桜の開花も例年より遅れ気味のようです。
季節の変わり目は体調を崩しやすいので、皆さまお体にはお気を付けください。


Kreator:NAЯUO



オウトウの甘い香り   2012/03/12

今回ご紹介するのは、オウトウなのですが、オウトウには様々な種類がありまして、その中でもセイヨウミザクラ(甘味桜桃)についてご紹介したいと思います。

和名:セイヨウミザクラ
科名:バラ科
   サクラ属
   セイヨウミザクラ節
Prunus avium L.

原産地:トゥルケスタン
特徴:高さ十数メートルの落葉高木。葉は鋭尖頭の鉱楕円。花は、径約2.5cm、白色のカップ状で2~6花がつく。果実は径約2.5cm、色は明~暗赤色である。果肉の形質から軟肉のハート群と硬肉のビガロー群に分けられる。

オウトウの中でも、現在栽培種として広く世界に栽培されているのはセイヨウミザクラ節のセイヨウミザクラとスミノミザクラの二種類です。また、日本で栽培されているものは、ほとんどセイヨウミザクラです。そして、主に生食用として利用されます。日本でほとんど作られないスミノミザクラは、輸入されたものから、ジャムやパイ、果実酒などの加工品として利用されます。

今、私たちの学校の薬草園では、オウトウがちょうど花を満開に咲かせています。花の香りを嗅いでみると、甘い香りがして、例えるなら杏仁豆腐の様な香りがします。今から、果実が実るのが楽しみです。


参考文献:園芸植物大事典 小学館
Creater:Oomori


ニンニクと馬肉と私

セイヨウフキ
学名:Petasites hybridus
科名:キク科
薬用部位:地上部、根

特徴:高さ1mになる短軟毛を有する多年生植物。葉は大きく心臓形で、大型の穂状花序中に淡桃紫色の花を付ける。

薬効:強壮や去痰作用を持ち、特に胃・胆管・十二指腸に抗痙攣剤、鎮痛剤となる。主に気管支炎、喘息、百日咳といった呼吸器系疾患の治療に使われている。消化器系を丈夫にし、胆汁の流れの遮断が原因で胃弱になっているところに特に効果がある。尿管の炎症にも施され、傷や皮膚の吹き出物を早く癒すのに湿布として外用される。毒性アルカロイド含有のため内服してはいけない。

参考文献:「世界薬用植物百科事典」 誠文堂新光社

3月に入りましたがまだまだ寒いですね~。薬草園の花も開花にはもう少し時間がかかりそうです。
今年は閏年でしたね!4年ぶりの2/29・・・。2/29は「ニンニクの日」でもあるんですよ~。ニンニクって臭いは気になりますが、美味しく栄養価も高いですし、肉の臭み消しなどにも利用できてとっても便利ですよね。先日、先生が植木市のお土産を買ってきてくださり、馬肉とニンニクや生姜の味を堪能しました!いや~美味しかったですね~(^O^) そんなこんなで前回担当の矢野君が拾い損ねた馬肉ネタを無理矢理ねじ込みつつ、生薬学研究室の日常をお送りいたしました~。


植木市と馬肉と私(2012.2.24)

2月~3月にかけて行われる熊本県農業公園で開催される植木市に行ってきました。(‘うえきし‘ではございませんよ。)
先生方に車で連れて行ってもらい植木市に着いたところ、自分の想像していたフリーマーケットの延長程度のしょっぺぇもんではございませんでした。人数、植物、そして何より人の多さにびっくりしました。

植木市では色々な植物の苗木、庭木、盆栽、草花、庭石、造園、鉢物を展示販売しており中にはとても珍しいものまで売っているとのことですごいなぁと只々あっけにとられる次第でした。

先生もいくつか買われたみたいで、その植物たちが私たちの薬草園にある植物たちに仲間入りするようですね。
その植物たちのことをここで紹介できるようになるのが楽しみで楽しみでワクワクしております。

ここで一つ植木市にて売られていた植物について書きますね。
ラン科の蘭がきれいに咲いていました。蘭は色々と種類も豊富で、長く楽しめるということもあってかすごいたくさんの人がご覧になってました。この時期あまり花が咲いてるものが少なかった中でもきれいに咲いていて一際目立っておりました。すごくアップにしたせいで画像が汚いですが蘭です。


最後に感想を少し・・・
植木市すごかったです。いや本当にすごかった。うん。
もっと植物に詳しくなったらもっと楽しいんだろうなぁ・・・
次は僕のおじいちゃん、おばあちゃんがまだまだ元気なうちに一緒に行きたいなぁ~
若いギャルっぽい女の人がおばあちゃんらしき人と一緒に来ていたのをみてそう思いました。もしかしたらこの日一番印象的だったかもしれません。
行ってよかった植木市。

Creature:矢野


難を転ずる(2012.2.17)

ナンテン(南天)
学名:Nandina domestica
科名:メギ科
分布:本州関東地方~九州
薬効:咳止め、百日咳(果実)
   扁桃炎、湿疹(葉)

〈特徴〉
 生け垣や庭木としてよく植えられる常緑低木。
高さは1~3 mほど。葉は数回羽状複葉で互生し、
小葉は長さ3~7 cm、披針形で先がとがり全緑。
葉質は皮質で表面はなめらか。6月頃に小さな花
を多数つけ、秋~冬に果実が赤く熟す。

参考文献:「日本の薬草」指田 豊/監修

今回紹介した南天は、薬草園の一番奥の方にあります。薬草園に面している道路から見たほうがよく見えるかもしれません。花や実が少なくなる冬に鮮やかな実をつけるので、鳥たちの貴重な食料になるのではないでしょうか。
南天は名前が、難を転じて福となす(難転)に通じることから縁起木とされているそうです。昔からお祝い事の料理に南天を添える習慣がありますが、この南天は厄除けのためだけではなく腐敗を抑える効果も併せ持っています。単に料理を飾っているだけではなかったんですね。先人の知恵って本当にすごいなと思います。
寒い日が続きますが、皆さん体調には気をつけてくださいね。それではこの辺で失礼します。

担当:春木




ハリー・ポッターと賢者の枝(2012.2.10)

エニシダ(C. scoparius, syn. Sarothmus scoparius)
科名:マメ科
原産地:地中海沿岸
開花期:春
用部:枝
用途:利尿 子宮収縮


まず初めに、このブログをご覧のみなさんに少し早い春をお届けしようときれいな花を探したのですが、今の時期、私が研究室の植物園には花がほとんど咲いていませんでした。。。ごめんなさい。。。
気をとりなおして、今日ご紹介するのはこのエニシダという植物!漢字で書くと『金雀児』。開花期が春なので、もう少しで黄色のきれいな花をつけてくれることでしょう!また、この種は成熟すると殻が激しく爆発し、遠くへ飛んでいくことが知られています。時には15mほど飛んでいくそうですよ!すごーい
そして西洋ではこの枝でほうきを作っていたそうです^^伝説に語り継がれる魔女も、この枝でつくられたほうきで空を飛んでいたとか。最近はほんとに寒い日々がつづいており、私はよく膝下まである丈のロングコートを着ているんですが、おかげでみんなにハリーポッターハリーポッターといわれます。今度エニシダでほうきでも作ってまたがってみようと思います。
それでは、今日はこれからマルフォイと約束があるのでこの辺で。ウィンガ~ディアムレビオサ~♪

賢者:イマザト


屠蘇散(2012/1/10)

【処方】
白朮、山椒、桂皮、防風、桔梗
 

上記の処方は一般的なもので、江戸時代には細辛や大黄など、作用の強い生薬も含まれていたそうです。
大晦日にお屠蘇散を味醂に浸し、元旦に飲むものを屠蘇酒、つまりお屠蘇とするそうです。
ところで、お屠蘇の漢字の意味についてですが、、、
「屠」は「ほふる」と読み、「殺す」という意味があるそうです。せっかくの新年の幕開けにいきなり殺すって、、と思うかもしれませんが、次に「蘇」。これは病気を起こす鬼を指すそうです。
つまり、屠蘇は病気の元をたって、1年の無病息災を祈願しているものなんですね。
ちなみに日本では平安時代から、宮中の儀式として始まり、やがて一般の風習として定着したそうです。
屠蘇酒は年少者から順に年配者へ飲むのが習わしとなっていますが、これにも意味があるそうで、中国の「礼記」の中に『親が病気になって薬を飲むとき、まず子が嘗めてみよ』と教えられている作法からきているそうです。
健康だけでなくて、年長者を敬うという精神が宿っているんですね。

参考文献:日本の名薬 山崎 光夫 文春文庫

子供のころはおいしくなかったので嫌いな習慣だったのですが、大人になってお酒のおいしさを覚えると、結構楽しみな習慣になりつつありますよね。
2012年も早くも10日過ぎました。今年も皆さんにとって素晴らしい1年になることを祈願してこの辺で。
担当:黒岩



過去のもの

~2010    2011


フッターイメージ