性分化 of web

性分化

脳の性分化に関与するアロマターゼ遺伝子発現プログラムの解析

seibunka.png

性ホルモンの一種であるエストロゲンはアロマターゼにより生合成される。本酵素は性腺や脳に存在しており、特に脳内アロマターゼの重要な機能のひとつは、周生期に精巣より分泌されたアンドロゲンを、脳内でエストロゲンに変換することである。この時期にエストロゲンが働くことにより、脳の神経回路は不可逆的に雄型に構築される。一方、アロマターゼの発現も周生期に脳内で増加し、その発現調節プログラムは脳の性分化と深く関わっていると考えられている。このように胎生期から新生仔期にかけて構築される性特異的な中枢神経ネットワークの形成プロセスを理解するためには、脳におけるアロマターゼの発現メカニズムを解明することが重要である。

 当研究室では、アロマターゼの脳特異的および時期特異的遺伝子発現を制御する様々な転写調節因子について解析を行っています。