生活習慣病 of web

生活習慣病

メタボリックシンドロームにおけるセラミド合成シグナルの役割

図1セラミド.pngメタボリックシンドロームの病態進展には,脂肪細胞の果たす役割が大きい。脂肪組織はエネルギ−貯蔵に関わるのみならず,多彩なホルモン群(アディポサイトカイン)を放出する内分泌器官のひとつであることが近年明らかになった。前駆脂肪細胞の分化、脂肪蓄積による脂肪細胞の大型化の分子機構とそれに関わる因子を同定すれば、メタボリックシンドロームに認められる糖代謝異常など、乱れた生体恒常性維持機構を正常に戻すことも可能になる。

当研究室では、セラミド合成経路に着目し、脂肪細胞の分化におけるスフィンゴミエリン/セラミド情報伝達系の機能とその分子機構を明らかにすることを目的として、脂肪細胞内においてスフィンゴミエリン分解酵素がメタボリックシンドローム病態進展にどのように関わっているのか検討しています。

キサントフィル類の生活習慣病予防・改善効果

図1キサントフィル.jpg

生活習慣病は糖尿病・脂質異常症・高血圧など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患で、がんも生活習慣との関わりが強く、近年、患者数の激増が大きな社会問題となっている。肥満と生活習慣病が複合した状態をメタボリックシンドロームといい、肥満は生活習慣病のリスクを高めることが明らかになっている。肥満の予防・改善は、食事制限により摂取エネルギーの量を減らすか、運動などにより消費エネルギー量を増やすことが基本となる。そこで運動しなくともそれと類似の効果を期待できる運動代替え手段が得られれば、生活習慣病予防・改善に大変有用である。

 当研究室では海藻由来キサントフィル類の細胞と動物におけるエネルギー代謝分子活性化による運動代替え剤としての生活習慣病予防・改善効果及び抗がん作用を検討しています。