一般目標シラバスより
到達目標シラバスより
学習方法シラバスより
授業時間外の学習(予習・復習)シラバスより
成績評価基準および方法シラバスより
テキストシラバスより
参考書シラバスより
授業計画シラバスより
履修上の留意点シラバスより
一般目標
 脂肪族および芳香族炭化水素の性質を理解するために、それぞれの基本構造、物理的性質および化学反応に関する基本的知識を修得する。また、官能基が有機化合物に与える効果を理解するために、カルボニル基、アミノ基などの官能基を有する有機化合物について、反応性およびその他の性質に関する基本的知識を修得する。
到達目標
「アルケン・アルキンの反応性」
01.アルケンへのハロゲン化水素の付加反応の位置選択性について説明できる。
02.カルボカチオンの級数と安定性について説明できる。
03.アルケンへの代表的なシン型付加反応を列挙し、反応機構を説明できる。
04.アルケンへの臭素の付加反応の機構を図示し、反応の立体特異性を説明できる。
05.共役ジエンへのハロゲンの付加反応の特徴について説明できる。
06.アルケンの酸化的開裂反応を列挙し、説明できる。
07.アルキンの代表的な反応を列挙し、説明できる。
「芳香族化合物の反応性」
01.代表的な芳香族化合物を列挙し、その物性と反応性を説明できる。
02.芳香族性の概念を説明できる。
03.芳香族化合物の求電子置換反応の機構を説明できる。
04.芳香族化合物の求電子置換反応の反応性および配向性に及ぼす置換基の効果を説
  明できる。
05.芳香族化合物の代表的な求核置換反応について説明できる。
「官能基」
01.ハロゲン化合物の代表的な性質と反応を列挙し、説明できる。
02.求核置換反応の機構について、立体化学を含めて説明できる。
03.ハロアルカンの脱ハロゲン化水素の機構を図示し、反応の位置選択性を説明できる。
04.アルコールの代表的な性質と反応を列挙し、説明できる。
05.フェノールの代表的な性質と反応を列挙し、説明できる。
06.エーテルの代表的な性質と反応を列挙し、説明できる。
07.オキシランの開環反応における立体特異性と位置選択性を説明できる。
学習方法
 テキスト、配布プリント、復習問題および演習問題を使って、主として板書による講義形式で行う。習った授業内容を各自で復習ノートに整理し、次回の授業までによく理解しておくこと。
授業時間外の学習(予習・復習)
 指定した教科書を事前に読んでおくこと。毎回の授業の復習をして、その内容をよく理解しておくこと。
成績評価基準および方法
 定期試験の成績を85%、平常点(演習等)を15%の目安として総合的に評価する。平常点については、授業態度や出席状況も考慮する。
テキスト
 スタンダード薬学シリーズ3 化学系薬学 T.化学物質の性質と反応(第2版)
日本薬学会編 (東京化学同人) 定価4,900円+税 2010年 ISBN 978-4-8079-1474-6
参考書
 ソロモンの新有機化学 第9版(下) 廣川書店
定価6,300円+税 2008年 ISBN 978-4-567-23504-4
 モリソン・ボイド有機化学 第6版(中) 東京化学同人
定価5,500円+税 1994年 ISBN 978-4-8079-0402-0
授業計画
01.アルケンの反応T
  前期復習・アルケンの安定性 他
02.アルケンの反応U
  アルケンへの付加反応 他
03.アルケンの反応V
  シン付加・アンチ付加 他
04.演習T
05.アルケンの反応W
  酸化的開裂反応 他
06.アルキンの反応
07.演習U
08.芳香族化合物の反応T
  芳香族性 他
09.芳香族化合物の反応U
  求電子置換反応 他
10.芳香族化合物の反応V
  求核置換反応 他
11.演習V
12.ハロゲン化合物の反応T
  求核置換反応 他
13.ハロゲン化合物の反応U
  脱ハロゲン化水素反応 他
14.アルコール・エーテルの反応
15.演習W
履修上の留意点
 高校化学T・Uおよび1年次の有機薬化学Tをよく修得しておくことが望ましい。