一般目標シラバスより
到達目標シラバスより
学習方法シラバスより
授業時間外の学習(予習・復習)シラバスより
成績評価基準および方法シラバスより
テキストシラバスより
参考書シラバスより
授業計画シラバスより
履修上の留意点シラバスより
一般目標
 基本的な有機化合物の構造、物性および反応性を理解するために、電子配置、電子密度、化学結合の性質などに関する基本的知識を修得する。また、脂肪族炭化水素の性質を理解するために、その基本構造、物理的性質および反応性に関する基本的知識を修得する。
到達目標
「化学結合と分子」
01.原子の電子配置について説明できる。
02.化学結合の成り立ちについて説明できる。
03.軌道の混成について説明できる。
04.分子軌道の基本概念を説明できる。
05.共役や共鳴の概念を説明できる。
「有機化合物の立体化学」
01.構造異性体と立体異性体について説明できる。
02.キラリティーと光学活性を概説できる。
03.エナンチオマーとジアステレオマーについて説明できる。
04.ラセミ形とメソ形について説明できる。
05.絶対配置の表示法を説明できる。
06.フィッシャー投影式とニューマン投影式を用いて有機化合物の構造を書くことができる。
07.エタンおよびブタンの立体配座と安定性について説明できる。
「アルカン」
01.アルカンの基本的な物性について説明できる。
02.アルカンの構造異性体を図示し、その数を示すことができる。
03.シクロアルカンの環のひずみを決定する要因について説明できる。
04.シクロヘキサンのいす形配座と舟形配座を図示できる。
05.シクロヘキサンのいす形配座における水素の結合方向を図示できる。
06.置換シクロヘキサンの安定な立体配座を決定する要因について説明できる。
「基本事項」
01.基本的な化合物のルイス構造を書くことができる。
02.有機化合物の性質に及ぼす共鳴の影響について説明できる。
03.有機反応における結合の開裂と生成の様式について説明できる。
04.基本的な有機反応の特徴を概説できる。
05.ルイス酸・塩基を定義することができる。
06.炭素原子を含む反応中間体の構造と性質を説明できる。
07.有機反応を電子の動きを示す矢印を用いて説明できる。
学習方法
 テキスト、配布プリント、復習問題および演習問題を使って、主として板書による講義形式で行う。習った授業内容を各自で復習ノートに整理し、次回の授業までによく理解しておくこと。
授業時間外の学習(予習・復習)
 指定した教科書を事前に読んでおくこと。毎回の授業の復習をして、その内容をよく理解しておくこと。
成績評価基準および方法
 定期試験の成績を85%、平常点(演習など)を15%の目安として総合的に評価する。平常点については、授業態度や出席状況も考慮する。
テキスト
 スタンダード薬学シリーズ3 化学系薬学 T.化学物質の性質と反応(第2版)
日本薬学会編 (東京化学同人) 定価4,900円+税 2010年 ISBN 978-4-8079-1474-6
参考書
 ソロモンの新有機化学 第9版(上) 廣川書店
定価7,300円+税 2008年 ISBN 978-4-567-23503-7
 モリソン・ボイド有機化学 第6版(上) 東京化学同人
定価5,500円+税 1994年 ISBN 978-4-8079-0401-3
授業計画
01.導入講義
  電子配置 他
02.化学結合と分子T
  電気陰性度・混成軌道 他
03.化学結合と分子U
  分子軌道法・共役 他
04.化学結合と分子V
  共鳴・平衡・双極子モーメント 他
05.演習T
06.有機化合物の立体構造T
  異性体・キラル 他
07.有機化合物の立体構造U
  ラセミ体・メソ形・絶対配置 他
08.有機化合物の立体構造V
  立体配座 他
09.アルカンの構造異性体
10.シクロアルカンの立体化学
  ひずみ 他
11.演習U
12.有機化合物の基本的性質T
  結合の開裂と生成・酸と塩基 他
13.有機化合物の基本的性質U
  カルボカチオン・カルボアニオン 他
14.有機化合物の基本的性質V
  ラジカル・カルベン 他
15.演習V
履修上の留意点
 高校化学T・Uをよく修得しておくことが望ましい。