一般目標シラバスより
到達目標シラバスより
学習方法シラバスより
授業時間外の学習(予習・復習)シラバスより
成績評価基準および方法シラバスより
テキストシラバスより
参考書シラバスより
授業計画シラバスより
履修上の留意点シラバスより
一般目標
 基本的な化学物質の構造決定ができるようになるために、核磁気共鳴(1H-NMR、13C-NMR)スペクトル、赤外吸収(IR)スペクトル、マススペクトル(MS)などの代表的な機器分析法の基本的知識と、データ解析のための基本的技能を修得する。
到達目標
1H-NMR】
01.NMRスペクトルの概要と測定法を説明できる。
02.化学シフトに及ぼす構造的要因を説明できる。
03.有機化合物中の代表的水素原子について、おおよその化学シフト値を示すことができ
  る。
04.重水添加による重水素置換の方法と原理を説明できる。
05.1H-NMRの積分値の意味を説明できる。
06.1H-NMRシグナルが近接プロトンにより分裂(カップリング)する理由と、分裂様式を説明
  できる。
07.1H-NMRのスピン結合定数から得られる情報を列挙し、その内容を説明できる。
08.代表的化合物の部分構造を1H-NMRから決定できる。
13C-NMR】
01.13C-NMRの測定により得られる情報の概略を説明できる。
02.代表的な構造中の炭素について、おおよその化学シフト値を示すことができる。
【IRスペクトル】
01.IRスペクトルの概要と測定法を説明できる。
02.IRスペクトル上の基本的な官能基の特性吸収を列挙し、帰属することができる。
【マススペクトル】
01.マススペクトルの概要と測定法を説明できる。
02.イオン化の方法を列挙し、それらの特徴を説明できる。
03.ピークの種類(基準ピーク、分子イオンピーク、同位体ピーク、フラグメントピーク)を説明
  できる。
04.塩素原子や臭素原子を含む化合物のマススペクトルの特徴を説明できる。
05.代表的なフラグメンテーションについて概説できる。
06.高分解能マススペクトルにおける分子式の決定法を説明できる。
07.基本的な化合物のマススペクトルを解析できる。
【総論】
01.化学物質の構造決定に用いられる機器分析法の特徴を説明できる。
【総合演習】
01.代表的な機器分析法において、基本的な化合物の構造決定ができる。
学習方法
 テキストと板書による講義形式で行う。必要に応じて、プリント(講義資料)も配布する。
授業時間外の学習(予習・復習)
 次回の授業範囲を予習しておくこと。また、講義日に解説したことをもう一度見直すこと。
成績評価基準および方法
 定期試験の成績を70%、平常点(小テストや課題など)を25%、中間試験を5%の目安として総合的に評価する。平常点については、授業態度や出席状況も考慮する。
テキスト
 よくわかる薬学機器分析 (藤岡稔大・二村典行・大庭義史・山下幸和編集、廣川書店)
(本体価格5,000円+税) ISBN:978-4-567-25710-7 2015年
参考書
 有機化合物のスペクトルによる同定法 −MS、IR、NMRの併用− 第7版
(SILVERSTEIN・WEBSTER・KIEMLE著、荒木・益子・山本・鎌田訳、東京化学同人)
(本体価格4,800円+税) ISBN:978-4-8079-0633-8 2006年
 パートナー分析化学U 改訂第2版 (山口政俊・升島努・能田均編集、南江堂)
(本体価格5,000円+税) ISBN:978-4-524-40288-5 2012年
 演習で理解する薬学の分析化学 (山口政俊・鶴田泰人・能田均編、廣川書店)
(本体価格5,000円+税) ISBN:978-4-567-25670-4 2010年
授業計画
01.概論
02.1H-NMRスペクトル(1)
  装置、測定方法
03.1H-NMRスペクトル(2)
  化学シフトとスピン・スピン相互作用
04.1H-NMRスペクトル(3)
  総括と演習
05.13C-NMRスペクトル(1)
  種々の測定法、化学シフトとスピン結合
06.13C-NMRスペクトル(2)
  総括と演習
07.IRスペクトル
08.マススペクトル(1)
  装置、イオン化法、分子量の推定
09.マススペクトル(2)
  部分構造の推定
10.マススペクトル(3)
  総括と演習
11.四種のスペクトルの併用による総合解析
  分子式、部分構造の推定、結論
12.四種のスペクトルによる総合解析(1)
13.四種のスペクトルによる総合解析(2)
14.四種のスペクトルによる総合解析(3)
15.演習
履修上の留意点
 本講義ではスペクトルの解釈が中心となる。したがって、テキストがないと理解できない。必ずテキストを持参すること。
 その他、本講義に関することは、機器分析学教室のホームページ上にも掲載しているので、参考にすること。