利用案内
原則として、毎週金曜日に、翌週分の測定依頼を受け付けます。
NMR測定依頼について(担当者:岩瀬)
1.試料を重水素化溶媒に溶解、ゴミなどを除去し、5mmΦチューブに
  高さ4cmに調整して、提出して下さい。
2.測定依頼票に、希望測定項目を記入し、提出して下さい。
3.特殊な測定については、直接、相談して下さい。
4.測定データは、1ヶ月で消去します。
   それ以上の保存を希望する場合は、MOカートリッジ(128MB)が必要です。
5.通常記録サイズは、A3です。拡大希望は、備考覧に記入して下さい。
MS測定依頼について(担当者:花園)
1.容易溶媒は、必ず、依頼者側で確認して下さい。
2.不純物を多く含む試料は、測定できないことがあります。
  サンプルは、必ず、単離して提出して下さい。
3.通常スキャンは、質量数2000まで行います。
  2000以上の質量を見たい場合には、予め、指定して下さい。
4.一つのサンプルで複数の測定を行う場合は、
   サンプルチューブに溶媒を入れて使用します。
5.高分解能測定依頼には、必ず低分解能チャートを添付して下さい。
  組成未定化合物は、条件設定の欄を記入して下さい。
EA測定依頼について(担当者:本田)
1.測定試料は、10mg以上を提出して下さい。
  微量しか無い場合は、微量用の測定を行いますので、
    担当者に直接申し出て下さい。
2.測定試料は、通常、オートドライデシケータで、保存します。
  冷蔵、遮光等の必要がある場合は、依頼票に記入して下さい。
3.化合物の組成式は、必ず、記入して下さい。  組成によって、分析方法が異なります。
  未知化合物の場合は、通常より多めに試料を使用します。