臨床疾患薬理学教室は、医療に直結した創薬と臨床薬剤師養成を目指しています。研究テーマは、痴呆症や統合失調症うつ病などの精神疾患の原因追究や治療薬の開発をメインに、行動薬理学を基盤にしながら、生化学的、分子生物学的、電気生理学的手法を積極的に取り入れて、遺伝子から行動まで幅広い分野で研究を行っています。

研究テーマ

アルツハイマー病の研究

【1】培養細胞を用いた神経細胞死発現機序の研究

【2】トランスジェニックマウスを用いた病態ならびに行動薬理学的研究と電気生理学的研究(パッチクランプ法)

脳血管性痴呆症の研究

【1】繰り返し脳虚血による神経細胞死と空間記憶障害に関する研究

【2】マウスを用いた中大脳動脈閉塞による学習障害モデルを用いた研究

精神疾患治療薬の開発研究

【1】統合失調症の動物モデル作成と新薬開発

【2】うつ病の動物モデル作成と新薬開発

生活習慣病の予防と治療に関する研究

【1】漢方方剤および機能性食品の薬理作用の科学的証明

【2】生活習慣病の中枢神経疾患に及ぼす影響に関する研究

シナプス伝達に関する研究

【1】自己にシナプスを投射する“オータプス培養細胞”を用いたシナプス小胞動態の機能解析

スタッフ紹介

※メール送信時は@マーク以下を貼り付けてください。

教 授 岩崎克典 [薬学博士] iwasakik ※ @fukuoka-u.ac.jp
大きな声の熱血講義が有名。特に生活習慣病や老年期認知症に関する講義や研究は自分に重ねて熱が入っている。ダイエットには特段の関心をもってサプリメントや毎日の血圧、体重測定を趣味にしているが、効果は空しく出るのはため息ばかり。
准教授 桂林秀太郎 [博士(医学)] shutarok ※ @fukuoka-u.ac.jp
助 教 窪田香織 [博士(農学)] kkubota ※ @adm.fukuoka-u.ac.jp
助 教 渡辺拓也 [博士 (薬学)] twatanabe ※ @fukuoka-u.ac.jp