薬剤師職能のたいへん重要なものの一つとして、患者さんや医師・看護師に適切な医薬品の情報を提供する事があげられます。そのためには、医薬品の情報をどのように得るか、また整理をするかが重要になります。当教室では、様々な内外の情報を使いやすいように、どのように構築したり、またそれを発信していくか研究しています。

研究テーマ

病態モデル動物および細胞を用いた研究

  【1】高分子化合物の薬品としての可能性に関する研究
  【2】肝性脳症発症時におけるグルタミン酸受容体の関与
  【3】薬物代謝酵素発現細胞株の樹立

抗腫瘍治療薬の適正使用に関する研究

  【1】抗腫瘍薬測定法の開発
  【2】抗腫瘍薬の癌細胞内濃度の予測法の開発
  【3】造血幹細胞移植に対するブスルファンの適正投与法
  【4】造血幹細胞移植後に対する抗ウイルス薬の適正使用
  【5】白血病に対する亜ヒ酸の体内動態

加圧筋力トレーニングに関する研究

スタッフ紹介

※メール送信時は@マーク以下を貼り付けてください。

教 授 原 周司 [薬学博士] harashu ※ @fukuoka-u.ac.jp
准教授 右田啓介 [博士 (薬学)] migitak ※ @fukuoka-u.ac.jp
助 教 木村公彦 kim ※ @fukuoka-u.ac.jp
助 教 松本太一 [博士 (薬学)] tmatsumoto ※ @fukuoka-u.ac.jp
助 教 小野和彦 [博士 (薬学)] kazu-ono ※ @fukuoka-u.ac.jp