多くの研究努力の結果生まれた「薬」は、患者さんが服用して初めてその役割を果たします。それは「医療者」と「患者さん」という、人と人とのコミュニケーションの中で実現します。そしてこの段階で大きな役割を果たすのが「薬剤師」です。当教室は、この臨床的場面をさらに優れたものにすることを研究の目的としています。

研究テーマ

人間科学としての臨床薬学を目指す

医療施設と共同して臨床研究を行う(消化器疾患、生活習慣病)

臨床薬剤師が今後果たしうる新しい役割を追求する

病気の十分な知識、患者さんの病態理解にもとづいた職能を探る

さまざまな疾患における異常スプライシングの病態解明・治療法の開発

異常スプライシング是正による新たな治療法を探る

個々人にあった薬物療法(テーラーメイド医療)を築く

分子生物学、薬理遺伝学的方法により、薬物の治療効果・副作用の発現を解析する

生活習慣病、ストレス疾患の病態解明、治療法の開発を目指す

実験病態モデルにおいて、中枢神経系を多角的(行動、内分泌、神経科学)に解析する

スタッフ紹介

※メール送信時は@マーク以下を貼り付けてください。

教 授 遠城寺 宗近 [M.D.,Ph.D.] enjoji ※ @adm.fukuoka-u.ac.jp
准教授 大江 賢治 [M.D.,Ph.D.] ohekenji ※ @fukuoka-u.ac.jp
助 教 村田 雄介 [博士 (薬学)] ymurata ※ @fukuoka-u.ac.jp
病院薬剤師を経て、2007年4月から本学に着任。遺伝子診断を用いて薬理遺伝学に取り組むとともに、薬剤師の新しい役割を追求。薬剤師国家試験の受験指導の名講師。
助 教 森 征慶 [博士 (薬学)] morimasa ※ @fukuoka-u.ac.jp