薬草園の花
研究室・附属施設紹介TOPへ
 微生物薬品化学
独自サイト










エイズ・マラリア・結核をはじめとする多くの感染症の克服は、21世紀に持ち越された医学・薬学の重要な課題です。感染症の予防・治療を目的とした新たな手段と戦略の開発が必要とされています。私達は、近年進歩の著しい分子生物学手法を用いたアプローチによって、新たな微生物の機能を理解し、創薬による感染症克服へ向けて、日々研究を行っています。

研究テーマ
■有用微生物の薬学的応用に関する研究
 【1】有用微生物新規機能の分子生物学レベルでの解明
 【2】遺伝子組換えによる有用微生物の創薬化
■感染症の伝播とその阻止に関する研究
 【1】感染症伝播メカニズムの分子生物学レベルでの解明
 【2】感染症伝播阻止薬の開発

スタッフ紹介 ※ メール送信時には@マーク以下を貼り付けてください。
■教 授  見明史雄   [農学博士] fmiake ※ @cis.fukuoka-u.ac.jp

■教 授 鹿志毛信広 [博士(薬学)] kashige ※ @fukuoka-u.ac.jp

■助 教  中島幸彦   [薬学修士]

■助 教  佐藤朝光   [博士(医学)] satho ※ @fukuoka-u.ac.jp

(C) FUKUOKA Univ. PHARMACEUTICAL SCIENCES ALLRIGHT RESERVED.