薬学部長 加留部 善晴

充実した学生生活で、薬学教育を学びましょう。薬学部は少人数教育を基本としています。教員1人に対して1学年学生2.5人という比率の下、入学から卒業まで体系的な専門教育と1年次から担任制を導入して個別指導を行っています。

カリキュラムは、低学年で物理、化学、生物分野における薬学の基礎を学び、その後に衛生、薬理、薬剤、薬物治療、実務薬学という薬学専門分野の高度な知識を身に付けるように構成されています。また、それぞれの分野の実習を行い、知識のみではなく、技能や態度もしっかりと修得するようにしています。

4年次からは研究室に所属し、卒業研究に取り組み、実験を通じて薬学の先端的研究に触れ、問題解決能力を向上させます。さらに5年次では、「病院」と「保険調剤薬局」の両方で実務実習を行います。本学は福岡大学病院と福岡大学筑紫病院を有しており、約半数の学生がそこで実習を受けています。

また、薬剤師には専門的な知識や技能だけでなく、判断力や対応力、考える力も必要です。こうした能力は、総合大学である本学の環境を生かして多様な出会いや経験を重ね、内面を磨くことで養うことができます。

人々の「健康と福祉」に貢献することを目的とした薬学部は、医療人としての使命と倫理観を理解し、高度な薬学の知識を身に付け、優れた臨床能力を備えた薬剤師並びに教育・研究者を養成しています。本学部で充実した6年間を過ごし、高い専門性と豊かな人間性を持った薬学のプロフェッショナルを目指しましょう。